中国の最悪大気汚染は韓国や日本へ飛来する

団藤 保晴 | ネットジャーナリスト、元新聞記者

中国で騒がれている重篤スモッグがお隣韓国や日本では軽視されすぎています。大気汚染に国境はないとは福島原発事故でも思い知らされた事実です。中国北部のスモッグは朝鮮半島を直撃してから西日本を覆います。国内で開発された大気微粒子の発生拡散シミュレーション計算「SPRINTARS」は、米国が北京と上海で測定している微粒子濃度「PM2.5」の数値変動実績をきれいに説明してくれ、信頼性が高そうです。中国での大気状況改善は簡単には進まないはずですから、国内への拡散予測を広く役立てるべきです。また、特に騒いでいない韓国の報道を見ると旅行には行きたくないほど深刻な汚染ぶりです。

16日の朝鮮日報ウェブに掲載された「韓国を覆ったスモッグ、重金属は黄砂の最大26倍」は中国と同時期に韓国でもスモッグが発生していると伝えました。「直径2.5マイクロメートル以下の超微粒子(PM2.5)の濃度も、12-15日にはソウル市内の測定所で最高171マイクログラム(1立方メートル基準、以下同じ)、大田市内で225マイクログラム、ペンニョン島で183マイクログラムを記録した」とあります。韓国にはPM2.5環境基準がないのですが、日本国内基準35マイクログラムの5、6倍にもなる非常に不健康な数値です。

九州大応用力学研究所の竹村俊彦准教授が「SPRINTARS」を使った「大気汚染微粒子および黄砂の飛来予測」ウェブを開設しています。「大気汚染粒子」予測動画から、16日に中国北部から朝鮮半島に移動したスモッグが、17日に西日本一帯に広がる所を抜き出して引用します。

画像
画像

全国の大気汚染状況を提供している環境省の>大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」で16日から17日のPM2.5測定状況を見ると、西日本各地で日付が変わる頃から環境基準35マイクログラムを上回る赤色地点が現れ始めます。夜明け頃には大多数になり、最も東は愛知県内にも広がります。今後も中国からの汚染拡散は繰り返されるでしょうから、基準値を超えて、どの程度まで悪化しているのかも早期に知らせるようにして欲しいと思います。

米国はPM2.5測定数値を北京上海でツイッターを使って公表しています。北風が吹いて改善されていた北京の大気が17日夕刻から再び悪化し、18日零時に285マイクログラムと深刻化する流れが、竹村准教授の予測動画でよく理解できます。沿岸部は風で一時は吹き洗われても、重慶周辺などの内陸部には汚染大気が渦巻き続けています。20日頃にはまた西日本が襲われるようです。

【参照】「インターネットで読み解く!」

第336回「中国で突出の微小粒子汚染は環境汚染無視のツケ」

第337回「中国の重篤スモッグは経済成長に大ブレーキ」

日本への中国重篤スモッグ流入ぶり連続アニメ

団藤 保晴

ネットジャーナリスト、元新聞記者

玉石混淆のネットから玉を見つける水先案内人――新聞記者をしていた1997年、インターネット隆盛期に「INTERNET WATCH」で連載コラム「インターネットで読み解く!」を始め、ネットジャーナリストとして活動。科学技術、政治、経済、社会、文化など幅広い取材経験をベースに、ネット上の知的資源を検索の駆使で結び合わせ、社会的意味を明かします。膨大化するネットと劣勢にあるメディアの相克もテーマです。

団藤 保晴の最近の記事

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

PR

個人アクセスランキング(国内)

  1. 1

    人々の関心が高過ぎた「東京駅開業100周年記念Suica」

  2. 2

    小保方晴子氏STAP論文問題:彼女はなぜ嘘をつき続けるのか:心の闇と論文ねつ造

  3. 3

    生活保護利用者が休日に急病になるということ

  4. 4

    駅前トイレで寝泊まりするトリプルワークの女子高生らの貧困を深刻化させ格差拡大し経済成長損なう安倍政権

  5. 5

    720万円のクルマは買えなくても520万円なら買えるヒトに国が200万円タダであげるという話

  6. 6

    丸田みわ子さんという野菜ソムリエが他人の画像を勝手に加工して掲載して炎上そして他サイトに延焼

  7. 7

    総選挙「唯一の敗者」とは?「次世代の党」壊滅の意味とその分析

  8. 8

    オウム麻原元教祖の三女から届いたメール

  9. 9

    同性カップルも家族です!同性カップルの国勢調査における誤記扱いについて解説(明智カイト×岩本健良)

  10. 10

    「下から目線のプロ素人」の原理

  1. 11

    安倍政権下で日本は世界第4の軍事大国に IHS報告

  2. 12

    「殉愛」騒動、林真理子さんの芸能人蔑視。

  3. 13

    「日本メディアは自分たちの行動と正反対のことを報道していた」NYタイムズ東京支局長

  4. 14

    論文捏造:STAP細胞論文から考える科学と私たちが抱える根本的問題:ヘンドリック・シェーン事件から

  5. 15

    「卒業同時に借金地獄!」世界一の高額教育費を“親任せ”にする政治家たちの罪と沈みゆく日本

  6. 16

    オウム麻原元教祖の子どもたちが語る「普通に生きたい」という希望とは

  7. 17

    有料誰が週刊新潮を動かして小渕大臣の政治資金を追及させたか

  8. 18

    家庭内暴力の悲劇:妻と娘を守るために三男を殺害した父に執行猶予判決

  9. 19

    「5時以降は仕事できない」人は男女を問わず総合職正社員にふさわしくないと思う件

  10. 20

    駅前トイレで寝泊まりするトリプルワークの女子高生、世界ワースト長時間労働で鬱病激増する日本の教員

個人の書き手も有料ニュースを配信中