福島市街地の半分は居住不適。報道されぬ不思議

団藤保晴 | ネットジャーナリスト、元新聞記者

福島市の市街地の半ばが放射線障害防止法に照らせば居住不適との測定結果が出たのに、全国的に報道されません。住民を避難させたくない自治体とマスメディアが結託している暗闇状態がまだ続くのでしょうか。福島市が3月に市内全域で実施した測定結果をまとめた放射線量マップには全部で783ある測定区画の内、398区画で0.75マイクロシーベルト毎時を超えていると明記されています。これは宿泊はもちろん飲食も禁じられる「放射線管理区域」の設定基準3カ月1.3ミリシーベルトを、2割以上上回ります。

唯一見つけられる記事は福島民友新聞の「毎時1マイクロシーベルト未満95% 福島市放射線量マップ」です。「市内全域の平均測定値は毎時0.56マイクロシーベルトと昨年3月のマップの平均値より0.21マイクロシーベルト下がり、除染計画目標値の毎時1マイクロシーベルト未満の区域が全体の95%を占めた」と、行政サイドの除染計画に沿った目線で書かれています。

画像

しかし、上に掲げたマップと測定データを冷静に見れば測定値が下がったと喜べる状況ではありません。500メートル四方731区画、千メートル四方52区画で、各3地点を選定し5回の測定を平均しています。たまたま得られた数字ではない、重い測定値です。黄緑色区画以上、毎時1マイクロシーベルト以上なら年間で8ミリシーベルトを超し放射線防護上、もう一般人ではなく放射線業務従事者に近くなるのに220区画と全体の28%もあります。福島民友が「5%」と報じている意味が理解出来ません。ひょっとすると分母にする面積に測定対象外の山野まで含めているのかもしれません。そうならば「ミスリードの上塗り」です。

福島原発事故発生以来、福島県内の自治体が住民に自主避難をさせまいと動いた点は周知の事実です。逆に「全町避難だから異議が言える異常な線量基準」で指摘したように、避難した双葉町などは年間5ミリシーベルト以上の土地に住民を帰還させる政府方針に抵抗しています。ソ連チェルノブイリ事故でなら希望者には移住の権利が認められた汚染水準だからです。

法律に定めがある放射線管理区域以上の汚染ならば、自主的な避難が認められて当然です。《「自主的避難等対象区域外からの避難者への賠償実現会見」4/17福田弁護士・避難者(内容書き出し)》が和解によって初めて実現した自主避難者の権利認定について伝えています。

この中に次のような発言があります。《実際に私が、最後に家を出る時に測った玄関付近の線量は、0.68マイクロシーベルト/時でした。で、私が一番「これはもうここにはいられない」と思った決定的なものは、2階に子どもの部屋があるんですけれども、その子どもの部屋の2段ベットの上の段がものすごい線量だったんですね。それはもう、しばらく子どもたちをそこに寝かして生活をしてしまってから、ふと気が付いて調べようと思って、普段は通常自分が生活をする状態で調べていたんですけれども、ふと思って2段ベットの上の段に上って天井付近を調べてみたら、本当にものすごい線量でした。あの時多分最初に測った時は0.7~8ぐらい》

このケースが放射線管理区域基準を超える汚染です。福島ではこのような当たり前のお母さんの感覚を口にできない雰囲気があると聞きます。福島市の放射線量マップの現実を前に、マスメディアも初心に立ち返って現状の報道で本当に善しとするのか、考えてみるべきです。福島では「大本営発表報道」がまだ続いていると批判されても仕方がないでしょう。

【参照】インターネットで読み解く!「福島原発事故」関連エントリー

団藤保晴

ネットジャーナリスト、元新聞記者

玉石混淆のネットから玉を見つける水先案内人――新聞記者をしていた1997年、インターネット隆盛期に「INTERNET WATCH」で連載コラム「インターネットで読み解く!」を始め、ネットジャーナリストとして活動。科学技術、政治、経済、社会、文化など幅広い取材経験をベースに、ネット上の知的資源を検索の駆使で結び合わせ、社会的意味を明かします。膨大化するネットと劣勢にあるメディアの相克もテーマです。

団藤保晴の最近の記事

PR

有識者・専門家がニュースに切り込む

個人アクセスランキング(国内)

  1. 1

    辛坊治郎氏に贈る大阪市の住民投票結果の分析

  2. 2

    ドローン絡みで世の中がゴタゴタしているようです

  3. 3

    知っていますか?もったいない話~国の2倍の約100兆円を使う都道府県と市町村~

  4. 4

    大阪都構想の「プランB」を検証する。総合区、特別自治市、大阪会議、そしてそれらの実現性は?

  5. 5

    文民統制は戦争の歯止めになる? 好戦的な文民と戦争

  6. 6

    ドローン少年事件から、既存のキャリア教育が危ういと感じた件

  7. 7

    【大阪都否決】橋下市長はなぜ、敗れたのか

  8. 8

    「大阪都構想住民投票」で浮き彫りになった大阪の「南北格差問題」

  9. 9

    WTO提訴ではなく、日本の食の情報公開ではないだろうか?

  10. 10

    親殺しの心理2:少年は先に祖母を殺していた:横浜戸塚高1母祖母殺害事件

  1. 11

    橋下徹氏が跋扈する理由◆開発主義国家の権力ネットワーク=政官財の癒着・腐敗・汚職・談合から構造改革へ

  2. 12

    日本の防衛費推移を複数の視点で眺めてみる

  3. 13

    安倍首相の戦後レジーム脱却は「ポツダム宣言」も読めないし読むつもりもなく日本の軍事大国化めざすこと

  4. 14

    【大阪都構想】京大・藤井教授が橋下市長に反対する「分かりやすすぎる理由」

  5. 15

    有料日本国は再び敗北すると思わせる検証報告書

  6. 16

    体罰の5つの副作用: 体罰の定義「体罰の心理学」反対するなら根拠を持とう

  7. 17

    考え直してほしい「2分の1成人式」――家族の多様化、被虐待児のケアに逆行する学校行事が大流行

  8. 18

    大阪都構想を葬ったのは「シルバーデモクラシー」ではない=若い世代の人口は70歳以上の2倍以上多い

  9. 19

    大阪の住民投票結果から見えるもの

  10. 20

    川崎リンチ殺人、被害者の母を責め立てた林真理子氏のエッセイの暴力性

個人の書き手も有料ニュースを配信中