【PC遠隔操作事件】処分保留で釈放、別件で再逮捕について弁護人が語る

江川紹子 | ジャーナリスト

接見の後、記者会見をする佐藤弁護士。ここで語られたことがどれだけ報じられるか…

愛知県豊田市の会社のパソコンを利用して犯行予告のメールを送りイベントを妨害したとして威力業務妨害の疑いで逮捕・勾留されていた片山祐輔氏について、東京地検は3日、処分保留として釈放した。続いて、警視庁など4警察によるPC遠隔操作事件の合同捜査本部は、かつて大阪府警が誤認逮捕した2件について、偽計業務妨害とハイジャック防止法違反の疑いで再逮捕した。弁護人の佐藤博史弁護士は、処分保留となったことについて、「現時点では起訴できる証拠はない、ということ。検察は正しい判断に一歩近づいた」と評価しつつ、匿名で様々なコメントを発信している警察の姿勢を厳しく批判した。

本人は「処分保留になってよかった」

片山氏が留置されている東京湾岸警察署
片山氏が留置されている東京湾岸警察署

佐藤弁護士によれば、逮捕状を執行した警察官は関西弁とのこと。この2件は大阪府警が取り調べを行いたいらしい。ただ、片山氏は「身に覚えがありません」と述べ、弁解録取書の作成には応じたが、録音・録画がなされない取り調べには応じない旨を告げると、警察官はすぐに留置場に戻す手続きを始めた、という。

片山氏は、弁護人に対して「処分保留となったのはよかった」と述べ、落ち着いて受け止めたようだった。数日前までは「3月3日が限度です。気付いたら独り言を言っていたり、床や壁を叩いたりして留置場の係官に注意された」と語るなど、精神的に疲弊している状況だった。しかし、再逮捕後の接見では「あと20日が限度」とは言うものの、動揺はなく淡々としていた、という。

「鯛は頭から腐る」と警察批判

新聞報道の中で「捜査関係者」「警視庁幹部」が匿名でコメントし、「弁護士に励まされているうちに、自分が無実だと思い込んだのではないか」「今回も誤認逮捕というなら真犯人からのメールが逮捕以来途絶えていることをどう見ればいいのか」などと述べていることを挙げ、佐藤弁護士は「いったい何を考えているのか」「真犯人からのメールは1/5以降途絶えているのではないか」「こういう馬鹿なことを言う人が幹部というのはとんでもない」となどと憤慨。「鯛は頭から腐るというが、警察組織はおかしくなっている」と批判した。

「 ウィルスの痕跡や通信履歴など客観証拠を積み上げれば有罪は揺るがない」という「警察幹部」のコメントに対しても、佐藤弁護士は強く反発。

「誤認逮捕の時も、それなりの客観証拠はあった。その客観証拠を被疑者に突きつけて、反論や弁解を聞くべき。言い分も聞こうとしないで、有罪に持ち込もうなどとありえない。目の前にいる被疑者が真実を知っている。その言い分に冷静に耳を傾けるべき。そうではなく自白を取ろうというのは間違っている、というのが足利事件の教訓だったはず。(警察にとって)有力な情報があるのは認めるが、それを1つひとつ本人に当てて聞いていけば、犯人ではないと分かるはず。取り調べもやらないのは、職務放棄だ。しかも再逮捕までして煽っている」

画像

一方で、「冷静に考えれば、検察は決して警察に同調していない。今日、処分保留になったことがそれを示している」として、検察の対応に期待を寄せた。そのうえで、「録音・録画をして、しっかり取り調べを行って欲しい」と、改めて要望したことを明らかにした。

米国サーバーの「痕跡」に疑問

Dropboxの米国のサーバーに、問題のウィルスが保管されており、そこに片山氏の派遣先のPCで作成した「痕跡」が残っていると報じられていることについて、弁護人が聞いても、「全く分からない」と首をひねるばかりだという。

佐藤弁護士は、「米国のサーバーにあったウィルスと、日本で遠隔操作されたPCに残っていたウイルスは完全に一致しているはず。米国で『痕跡』が見つかったというが、なぜ、日本で遠隔操作されたPCから、その『痕跡』が見つからないのか」と疑問を呈した。

「彼は、C#でプログラムが作成できないだけでなく、Visual Studio 2010というプログラム作成に必要なソフトもインストールしていないし、使ったこともない」という点を挙げ、彼がウイルス作成に関わっていないと強調した。また、彼が職場以外で使っているのは、自宅に自作のデスクトップPCがある以外は、スマートフォンとiPadで、ノートPCは持っていないことを明かした。

「あるべき報道に戻れ」

さらに、佐藤弁護士は一連の報道や記者の姿勢について、次のように厳しく批判した。

「最初に大げさに報道され、報道の責任を言ってきたが、このあたりで冷静になって、本来あるべき報道の姿勢に戻ってもらいたい。自分がペンやマイクを握ることにしたのは何をやるためだったのかを思い出してもらいたい。君たちは、まるで彼が無実であるということを証明しろと言わんばかりの態度ではないか。反省するべき」

江川紹子の最近の記事

関連テーマ

テーマとは?

有識者・専門家がニュースに切り込む

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

個人アクセスランキング(国内)

  1. 1

    ダブルのオコエ選手に偏見ダダ漏れの差別記事、現実に対応するための「知」の実装が急務

  2. 2

    今年の夏は終了へ 早くも秋雨シーズンに

  3. 3

    中国、天皇陛下に謝罪求める記事を新華社に掲載

  4. 4

    「ロリコン、性差別」「海の文化バカにするな」サミット開催地・志摩で海女の萌えキャラ大炎上

  5. 5

    鹿児島県知事のコサイン発言 数学に対する女子の苦手意識を固定化するな

  6. 6

    エアコンの普及率は高齢世帯の方が上

  7. 7

    安倍政権を揺るがすSEALDs革命、全国64ヶ所で安保法制反対―30日にも大規模行動

  8. 8

    世代や性別などで変わる「ごはんのお供」の好み

  9. 9

    「割り箸は危険」都市伝説の起源と進化(笑)

  10. 10

    弱いものがさらに弱いものをたたく〜若者とマツコ

  1. 11

    ゲイ疑惑の武藤貴也議員:ぜひ、同性愛者など性的マイノリティのいじめ対策、自殺対策に取り組んでください

  2. 12

    山本太郎リアル爆弾がついに炸裂!ただし、彼の世界認識は間違っている

  3. 13

    男は見た目が9割。『ナイナイのお見合い大作戦!』が突き付ける残酷な現実

  4. 14

    高槻中1殺人:決定的に足りなかったのは、子どものための安全な居場所

  5. 15

    議論が「熟す時」などやってくるはずのない安保法案

  6. 16

    【連載・第1回】震災報道で気づいた「放置される性虐待」~若年女性の“見えない傷”と「レジリエンス」

  7. 17

    塾講師の言動に見る若者のモラルとマナー〜想像力と責任感について考える

  8. 18

    不倫サイトのクラッキング事件で考えるネットサービスの信頼性みたいなもの

  9. 19

    「TPP交渉が決裂したのはニュージーランドのせいではない」という日本政府高官の話は信用できるのか?

  10. 20

    生活保護利用者が休日に急病になるということ

個人の書き手も有料ニュースを配信中