世界支配層が「東京電力は潰す」と決定、小泉純一郎元首相と小沢一郎代表が「原発ゼロ」時代を拓り開く

板垣 英憲 | 政治評論家、板垣英憲マスコミ事務所代表

(有料記事)

この有料記事は販売を終了しました

この有料記事は、4月7日をもちまして、販売を終了させていただきました。

ご愛読いただいておりますお客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解のほどお願い申しあげます。

なお、4月7日までにご購入いただいた記事は、こちらからお読みいただけます。

板垣 英憲

政治評論家、板垣英憲マスコミ事務所代表

昭和21年8月7日広島県呉市生まれ。中央大学法学部卒業、海上自衛隊幹部候補生学校を経て、毎日新聞東京本社に入社、社会部、浦和支局、政治部・経済部に配属。福田赳夫首相、大平正芳首相番記者、通産省、東京証券取引所などを担当。昭和60年6月、評論家として独立。著書は「戦国自民党50年史」「小沢一郎総理大臣」「国際金融資本の罠に嵌った日本」「孫の二乗の法則―孫正義の成功哲学」(PHP文庫)など130冊。

板垣 英憲の最近の記事

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

PR

個人アクセスランキング(国内)

  1. 1

    人々の関心が高過ぎた「東京駅開業100周年記念Suica」

  2. 2

    小保方晴子氏STAP論文問題:彼女はなぜ嘘をつき続けるのか:心の闇と論文ねつ造

  3. 3

    生活保護利用者が休日に急病になるということ

  4. 4

    駅前トイレで寝泊まりするトリプルワークの女子高生らの貧困を深刻化させ格差拡大し経済成長損なう安倍政権

  5. 5

    720万円のクルマは買えなくても520万円なら買えるヒトに国が200万円タダであげるという話

  6. 6

    丸田みわ子さんという野菜ソムリエが他人の画像を勝手に加工して掲載して炎上そして他サイトに延焼

  7. 7

    総選挙「唯一の敗者」とは?「次世代の党」壊滅の意味とその分析

  8. 8

    オウム麻原元教祖の三女から届いたメール

  9. 9

    同性カップルも家族です!同性カップルの国勢調査における誤記扱いについて解説(明智カイト×岩本健良)

  10. 10

    「下から目線のプロ素人」の原理

  1. 11

    安倍政権下で日本は世界第4の軍事大国に IHS報告

  2. 12

    「殉愛」騒動、林真理子さんの芸能人蔑視。

  3. 13

    「日本メディアは自分たちの行動と正反対のことを報道していた」NYタイムズ東京支局長

  4. 14

    論文捏造:STAP細胞論文から考える科学と私たちが抱える根本的問題:ヘンドリック・シェーン事件から

  5. 15

    「卒業同時に借金地獄!」世界一の高額教育費を“親任せ”にする政治家たちの罪と沈みゆく日本

  6. 16

    オウム麻原元教祖の子どもたちが語る「普通に生きたい」という希望とは

  7. 17

    有料誰が週刊新潮を動かして小渕大臣の政治資金を追及させたか

  8. 18

    家庭内暴力の悲劇:妻と娘を守るために三男を殺害した父に執行猶予判決

  9. 19

    「5時以降は仕事できない」人は男女を問わず総合職正社員にふさわしくないと思う件

  10. 20

    駅前トイレで寝泊まりするトリプルワークの女子高生、世界ワースト長時間労働で鬱病激増する日本の教員

個人の書き手も有料ニュースを配信中