世界支配層が「東京電力は潰す」と決定、小泉純一郎元首相と小沢一郎代表が「原発ゼロ」時代を拓り開く

板垣英憲 | 政治評論家、板垣英憲マスコミ事務所代表

(有料記事)

この有料記事は販売を終了しました

この有料記事は、4月7日をもちまして、販売を終了させていただきました。

ご愛読いただいておりますお客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解のほどお願い申しあげます。

なお、4月7日までにご購入いただいた記事は、こちらからお読みいただけます。

板垣英憲

政治評論家、板垣英憲マスコミ事務所代表

昭和21年8月7日広島県呉市生まれ。中央大学法学部卒業、海上自衛隊幹部候補生学校を経て、毎日新聞東京本社に入社、社会部、浦和支局、政治部・経済部に配属。福田赳夫首相、大平正芳首相番記者、通産省、東京証券取引所などを担当。昭和60年6月、評論家として独立。著書は「戦国自民党50年史」「小沢一郎総理大臣」「国際金融資本の罠に嵌った日本」「孫の二乗の法則―孫正義の成功哲学」(PHP文庫)など130冊。

板垣英憲の最近の記事

PR

有識者・専門家がニュースに切り込む

個人アクセスランキング(国内)

  1. 1

    運動部活動に全国大会がなかった頃

  2. 2

    キャサリン妃日帰り出産「そこまで心配しなくて大丈夫」 英国で出産「家族の絆」強まる

  3. 3

    それでもまだ、被害者の母を責め続ける林真理子氏の対談を読んで

  4. 4

    「じぶん」を乱す子どもが憎いか?〜児童虐待の謎

  5. 5

    川崎リンチ殺人、被害者の母を責め立てた林真理子氏のエッセイの暴力性

  6. 6

    激戦地で絶海の孤島、硫黄島で携帯が使えるように

  7. 7

    台風6号が発生 日本付近へ北上の可能性も

  8. 8

    子どもを自立させる心理学的方法:子どもは授かり物ではなく預かり物

  9. 9

    10万円リゾートから100万円マンションまで…粗大ゴミ化する負動産

  10. 10

    「電車内ベビーカー」問題は、子育てへの理解不足が原因ではないと思う件

  1. 11

    「日本を戦争ができる国にしていいのか」論議の的外れ。言葉遊びはもうやめませんか?

  2. 12

    部活動 「自主的」なのに「全員加入」 全国の学校で長年つづく“制度違反”

  3. 13

    サイバーエージェントなど特定企業の社員が違法なネイティブアドビジネスにぶっこんでいる件で

  4. 14

    早慶上智、学部生向け留学がしっかりしているのはどこ?

  5. 15

    日本の理系の常識は、世界の非常識? - 公的資金での研究は、国策に沿う必要があるのか?

  6. 16

    「私が訴えなかったせいで犯人はのうのうと暮らしていた」水井真希監督が自らの性犯罪被害を映画化した理由

  7. 17

    連休に硬骨外交官の『回想録』を読み直した

  8. 18

    生活保護利用者が休日に急病になるということ

  9. 19

    有料アメリカが安倍訪米を最大限に持ち上げて見せる訳

  10. 20

    自民党の改憲漫画から「押しつけ憲法論」を考える

個人の書き手も有料ニュースを配信中