世界支配層が「東京電力は潰す」と決定、小泉純一郎元首相と小沢一郎代表が「原発ゼロ」時代を拓り開く

板垣英憲 | 政治評論家、板垣英憲マスコミ事務所代表

(有料記事)

この有料記事は販売を終了しました

この有料記事は、4月7日をもちまして、販売を終了させていただきました。

ご愛読いただいておりますお客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解のほどお願い申しあげます。

なお、4月7日までにご購入いただいた記事は、こちらからお読みいただけます。

板垣英憲

政治評論家、板垣英憲マスコミ事務所代表

昭和21年8月7日広島県呉市生まれ。中央大学法学部卒業、海上自衛隊幹部候補生学校を経て、毎日新聞東京本社に入社、社会部、浦和支局、政治部・経済部に配属。福田赳夫首相、大平正芳首相番記者、通産省、東京証券取引所などを担当。昭和60年6月、評論家として独立。著書は「戦国自民党50年史」「小沢一郎総理大臣」「国際金融資本の罠に嵌った日本」「孫の二乗の法則―孫正義の成功哲学」(PHP文庫)など130冊。

板垣英憲の最近の記事

有識者・専門家がニュースに切り込む

個人アクセスランキング(国内)

  1. 1

    被害続く・AV出演を断った20歳の女性に芸能プロダクションが2460万円の違約金支払いを求め提訴。

  2. 2

    台風9号 日本へ接近のおそれ 7月は発生ラッシュか

  3. 3

    「問題発言」を繰り返すのは、安倍政権の高度な世論操作プロレスだと考えてみる

  4. 4

    ホルムズ海峡「無知、ピンボケの質疑応答に唖然」元タンカー乗り、怒りの直言(上)

  5. 5

    新幹線火災事件と高齢者の貧困問題ー再発防止策は「貧困対策」ではないか!?ー

  6. 6

    百田尚樹氏が「本気でつぶれたらいい」と語る沖縄の新聞を米軍はどう思っているのか?海兵隊将校に聞いた

  7. 7

    【安保報道】朝日新聞にパブリックエディターらが苦言 「正確な情報を」(下)

  8. 8

    世界は「機雷除去は海自掃海に任せるのが当然」と思っている 元タンカー乗りが怒りの直言(下)

  9. 9

    【派遣労働者の声6】交通費も制服代も自腹、家族の葬式も墓参りも行けず、派遣法改悪で居場所も奪われる

  10. 10

    【安保報道】朝日新聞にパブリックエディターらが苦言 「正確な情報を」(上)

  1. 11

    AV出演を強要される被害が続出~ 女子大生が続々食い物になっています。安易に勧誘にのらず早めに相談を

  2. 12

    「江戸しぐさ」はやめましょう。:何が問題か。なぜ広がったか。

  3. 13

    フジテレビ「字幕と同じ発言はあった」 池上彰特番「編集ミス」で謝罪も批判相次ぐ

  4. 14

    自民党・村上誠一郎議員が涙を流して独白 安倍政権の安保法制を批判

  5. 15

    男は見た目が9割。『ナイナイのお見合い大作戦!』が突き付ける残酷な現実

  6. 16

    修学旅行生置き去り事件-香取市立栗源中学校の行動に疑問-

  7. 17

    表現の自由を巡る自民党と百田尚樹氏周辺の倒錯、大西議員のさらなる問題発言

  8. 18

    【連載・第1回】震災報道で気づいた「放置される性虐待」~若年女性の“見えない傷”と「レジリエンス」

  9. 19

    「ゆう活」では改善しない霞が関公務員3千人の過労死労働・残業代不払い半数・休日出勤の代休等なし26%

  10. 20

    「通信の最適化」問題がようやく炎上案件に発展、今後の展開が楽しみです

個人の書き手も有料ニュースを配信中