繰り返し言う~研究不正と「STAP現象」ありなしは別次元の問題

研究不正をしても結果オーライならば、研究のモラルは崩壊する。(写真:Natsuki Sakai/アフロ)

「STAP現象」はあります?!

ここ数日、にわかに騒がしくなってきた。何が?それは、「STAP現象」なるものが証明されたというニュースだ。

小保方晴子さんの発見は真実だった!ネイチャーにマウスの体細胞が初期化して多能性を持つ「STAP現象」がアメリカの研究者により発表されました

サイエンティフィックレポーツという論文誌に出た論文がその根拠とされる。

Characterization of an Injury Induced Population of Muscle-Derived Stem Cell-Like Cells

この論文は、いったん筋肉(骨格筋)になった細胞(筋肉に分化した細胞)が、損傷という刺激によって、様々な細胞に分化する能力を持つ多能性幹細胞になるというものだ(幹細胞については、粥川準二氏の連載など参照)。著者らはこの細胞にinduced muscle-derived stem cell-like cells (iMuSCs)という名前を付けている。iMuSCsは生殖細胞などにはならないので、「多能」ではあるが「万能」ではない。

確かに、昨年Natureに掲載され、撤回された論文で提示された「STAP現象」なるものも、リンパ球が、弱い酸の刺激により、多能性幹細胞になるというものであった。刺激によって、分化した細胞(今回の場合は筋肉、「STAP現象」の場合はリンパ球)が多能性幹細胞になるという点で共通点はある。

では、この論文に書かれたiMuSCsは、「STAP現象」なるものと同じメカニズムによって生じたものなのだろうか。

「刺激で脱分化」は知られた現象

いったん分化した細胞は、基本的には他の細胞に変わることはない。しかし、植物では、傷ができると、分化した細胞が様々な細胞に分化する能力をもった細胞になる、いわゆる脱分化を起こすという現象はよく知られている。それがカルスだ。

動物でも、イモリの指や眼は再生することが知られている(こちらなど参照)。これには脱分化がかかわっている。だから、動物の細胞に刺激を与えれば、分化した細胞が脱分化を起こし、多分化能を持つ細胞になるのではないか、という発想自体はわりとすぐ出てくる。当初STAP細胞が「アニマルカルス」と呼ばれていたのは、まさに植物のカルスから着想を得ていたことを示す。

iMuSCsの方が先

哺乳類では、何らかの物理的刺激によって幹細胞に類似した細胞ができることは知られていなかった。今回の論文は、筋肉を傷つけることで、多能性幹細胞ができることを報告した。もしSTAPを文字通り「Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency;刺激惹起性多能性獲得」と広く解釈するならば、今回の論文もそれに含まれるようにみえる。

けれど、iMuSCsは2011年の著者らの論文ですでに述べられている。STAP細胞の論文より3年前だ。

Study of Muscle Cell Dedifferentiation after Skeletal Muscle Injury of Mice with a Cre-Lox System

だから、「STAP現象」をあとから来た人に証明されちゃった、という話ではない。確かにハーバード大学のバカンティ氏らは2000年代初頭から、細い管に細胞を通すことで脱分化が起こるという仮説を言っていたが、たとえ仮説を考えた時期が先だとしても、証明できていないのならなんの説得力もない。

少なくとも撤回された論文のやり方では、「STAP現象」は確認されていない。筆頭著者が参加した再現実験は成功せず著者の一部が所属するハーバード大学での再現実験も成功しなかった

研究不正は消えない

このほか、論文の査読者が一人しかいない等、この論文に様々な問題点があるとの指摘がある。詳しくは幹細胞の専門家のご意見(たとえば八代嘉美さんのツイッターの発言)等で確認いただきたい。

百歩譲って、このiMuSCsが「STAP現象」なるものと同等のものであったとしても、研究不正を行ったという事実は消えない。「STAP現象」のありなしは、研究不正のありなしとは別次元の話だ。「STAP現象」があろうがなかろうが、ずるしちゃいかん、ということだ。

2014年8月27日に私が書いた記事を引用しよう。

よいたとえか分からないが、新しい説を提唱し、それをほかの科学者に認めてもらうことは、犯罪の容疑者を逮捕、起訴し有罪にすることに似ている。研究論文は、科学の歴史という法廷に提出する起訴状のようなものだ。

ある人を有罪にするには、証拠がなければならない。犯行に使った凶器や指紋、DNA鑑定など……どんなに状況証拠がそろっていたとしても、証拠が不十分なら容疑者を起訴することはできないし、起訴できて裁判に持ち込んだとしても、有罪を勝ち取ることはできない。有罪になるまでは、容疑者はあくまで容疑者、つまり無罪だ。

科学の新しい説も、まずは証拠をそろえて論文という形にして、科学の歴史という法廷に提出する。起訴状である論文に不備があれば、不起訴処分になるし、形式的に問題がなかったとしても、論理に不備があったり、再現性がなかったりすれば、新説が認められない。不十分な証拠では裁判で有罪判決を勝ち取ることができないのと同じだ。

論文は、あらゆる角度から吟味される。正しいと認められるまでは、新説は単なる仮説にすぎない。刑が確定するまで容疑者というのと同じだ。

科学者は、科学の歴史という法廷に新説という犯人を起訴するために、必死で証拠集めをしている。それこそ、犯行現場に落ちていた物質を全部調べるみたいな果てしない努力を続けているのだ。

STAP細胞はいったん科学法廷に起訴された(論文が提出された)。けれど、起訴状である論文には問題が多く、証拠にはなりえない状態だと分かった。犯行現場に落ちていた物質ではないものを証拠に使ったりしたようなものなのだ。だったら、不起訴処分(論文撤回)になって当然だった。

STAP細胞の問題の本質は、いわば不完全な証拠で人を起訴してしまったことのようなものだ。たとえるなら、捜査官の教育体制の不備、起訴状のチェック体制、捜査官の指導体制の不備、証拠の保全の遅れ、隠ぺい、不完全な検証体制、犯人の検挙率を過剰なまでに競わせる競争的環境、過剰な演出をした広報体制、捜査官個人を過剰にたたえた報道の在り方などが問題の背景にある。報道が容疑者の段階で犯人扱いしたことも問題だ。

捜査官を研究者に、起訴状を論文に、犯人の検挙率を論文の数、質、容疑者を仮説、犯人を事実にでも言い換えてほしい。意図することがお分かりになるだろう。

だから、たとえSTAP細胞があったとしても、問題はチャラにならない。いわばせいぜいあいつ怪しいね、犯人かもしれないね、という段階で、証拠をでっちあげて逮捕してしまったようなもので、たとえそれがたまたま真犯人だったとしても、問題が起こった構造を改善しなければ、誤認逮捕や冤罪は繰り返されるだろう。

出典:STAP細胞があろうがなかろうが

iMuSCsも、これから追試などが行われ、科学の歴史の法廷に立つことなるだろう。

研究不正を犯しても、結果があっていればおとがめなしということになれば、研究者のモラルは崩壊してしまう。

対立を乗り越えよ

筆頭著者の小保方晴子さんや、故笹井芳樹さんへの常軌を逸したバッシングは、強く批判されるべきだ。スケープゴートを叩くだけで終わっては、問題が発生するに至った構造が何ら変わらない(拙稿「叩いて忘れる社会」参照)。

しかし、今回のように、「STAP現象」はある、研究不正なんて小さなこと、批判したやつ謝れ、という過剰な「擁護」は不毛な対立を生み出すだけで、逆の意味で「叩いて忘れる」ということになる。

この問題は擁護派、否定派に分かれるような問題ではないはずだ。感情的にならず、冷静に問題点を議論し、今後に生かす、こういう地に足が付いた議論をしていくことが必要なのだ。