ハフィントン・ポスト日本版は失敗する

ハフィントン・ポスト日本版のトップページに掲げられたメッセージ

アメリカのニュースサイト「ザ・ハフィントン・ポスト」の日本版が5月7日にスタートした。さっそく見に行ったら写真のように本家アメリカのスタッフが「HELLO,NIPPON!」とドヤ顔で並んでいた。いったいこれは、誰に向けたメッセージなのだろうか。

日本版は、ハフィントン・ポスト・メディア・グループと朝日新聞社が出資した合弁会社が運営する。朝日新聞との組み合わせ、ライブドアやグリーで活躍した松浦茂樹編集長の起用など、スタート前からメディア関係者の注目も高く、私も松浦編集長にインタビューを行った。期待していだけにややガッカリなスタートという印象だ。

ハフィントン日本上陸 ネット×新聞の新型メディアなるか(日本経済新聞)

7日はゴールデンウィーク明けで新聞休刊日で、朝は既存マスメディアからのニュースは普段より相対的に少なくなる。スタートに当たり仕掛けるには絶好の日付だったはずだが、ふたを開けてみたら特ダネもなく、投稿者は他サイトでも見慣れたネット系著名人や政治家たちが並んでいた。読者ターゲットとする団塊ジュニアに向けたコンテンツが揃っているようにも見えない。

スタートにあたり、ハフィントンポスト日本版では『団塊ジュニアを中心に意見発信してもらうこと』を目指しています。私自身も、1974年生まれの団塊ジュニア層です。

出典:ハフィントンポスト日本版

アメリカのスタッフが並ぶ写真をトップに掲載したのは、アメリカと日本の温度差を示す出来事かもしれない。「ハフィントンがやって来た!」と熱狂的に上陸が迎えられているならいざ知らず(ごく一部の業界関係者とネットをウォッチしている人は確かに盛り上がっていたが…)、「HELLO,NIPPON!」とメッセージを投げかけられても「お前誰やねん」と突っ込みを入れるのがせいぜいだ。むしろ、アメリカからの「進駐軍」メディアなんだなあと感じてしまった。

この「日本上陸したった」という雰囲気と一部ウォッチャーの盛り上がりは、2006年に韓国から上陸したニュースサイト「オーマイニュース」を思い起こさせる。オーマイニュース日本版は、ソフトバンクの支援を受け、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏を編集長に据えてスタートしたが、コメント欄にネガティブな意見が殺到する「炎上」を繰り返しながら2009年に閉鎖された。いや、オーマイニュースはまだ「炎上」しただけましかもしれない。注目を集めなければ、存在していないのと同じだからだ。

ハフィントンポストはいまでこそ有力ニュースサイトとして知られるが、スタート時は政治ゴシップメディアの側面もあった。創設者で編集長のアリアナ・ハフィントン氏は州知事に立候補したこともあり政治色も濃い。投稿や議論が行われるコミュニティーサイトであるが、政治家や官僚が「読まざるを得ない」状況を作り出したところが強い。

一方、日本はインタビュー記事でも触れたが、政治から距離を置いているようにも見える。政治関係者が、今のところ読まざるをえないサイトではないし、ビジネスモデルもよく分からない。投稿側のメリットも薄い。BLOGOS(ブロゴス)やYahoo!個人もある。ニュースのまとめは、既にNAVERまとめがアクセスを集めている。

「ハフィントン・ポスト日本版は失敗する」というタイトルをつけたが、始まったばかりの段階で成功や失敗を語ることがあまり意味がないことは分かっている。サイト開設準備は大変で、予定通りローンチしたスタッフの皆さんには敬意を評したい。未来予測はだいたい外れるものだが、読者ターゲットである団塊ジュニアに向けてコンテンツを揃えてエッジを立たせたり、7日午後に予定されれているパネルディスカッションのテーマである「選挙におけるインターネットメディアの役割とは」に振ってもよかったのではないかと思う。

ハフィントン・ポスト日本版