AKB48 恋愛禁止の掟って、それこそ人権侵害ではないか。

伊藤 和子 | 弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長

AKB48のメンバー峯岸みなみさんが恋愛禁止令を破ったことを理由に丸刈りになって涙で謝罪した映像にはとにかく愕然とした。

恋愛禁止というのはジョークかと思ってきたけれど、実際に降格させられたり、丸刈りになって謝罪をさせられるということにおどろいた。

言うまでもないけれど、そんな個人の自由を禁止する就業規則があったら人権侵害で違法・無効であることは明らか。懲戒処分など認められないでしょう。

そもそも、好きでもない男(しかも少年)に公然と胸を触らせるポルノで「児童ポルノ」に該当する撮影をしたのは放任し、そちらの責任を上層部が何らとっていない。

なぜ好きでもない男とのわいせつな画像を撮影して、それを公然と公衆の目に晒すようなことをAKBメンバーに「仕事」としてやらせて、犯罪行為の責任も取らない上層部が、メンバーが好きな男と密かにあうことは禁止し、降格処分を下すことができるのか、そのポリシーに合理性・正当性はまったくない。

彼女は、「自分の意思で丸刈りにした」と言っているが、あのような髪型になって、Youtubeの画像に出ること自体、秋元氏らがすべてのプロデュースをコントロールしていると言われるAKBでありうるのだろうか。

上層部の許可なくそのようなことが行えるとは到底思えない。

仮に強要したのでなくとも、Youtubeの画像が公開されることを黙認していることは明らかだろう。

あんな職場がもし身近にあったら、恐ろしい。あのような行動を容認している職場環境は、ほぼ例外なく、人権への配慮のないパワハラ的環境であろう。次に恋愛禁止を破った人も同じこと、もしくはもっと過激な謝罪をしないと許されないことになるだろう。

彼女は丸刈りになって「AKB48をやめたくない」とアピールしている。

丸刈りになって反省の決意を示さなければ、やめさせられてしまう、という認識があったからであろう。

結局、(謝罪のかいあってか)降格処分になったというが、そもそも、何度も言うけれど、恋愛禁止を理由に解雇や降格するのは人権侵害で違法である(こんなこと、真面目に議論するのがアホらしいほど当たり前の話)。

自ら丸刈りになって涙を流し、もっとも厳しい処分を回避してもらうために必死にならざるを得ない、圧倒的力関係の差のあるなか、末端の若い女性であるメンバーたちにそうした心理的強要をしている、そうした状況を作り出している組織上層部の社会的責任が問われる必要があると思う。

女子柔道の暴力、レイプの問題と、AKB48の問題、通底しているのは日本の男社会が若い女の子を本当に蔑視し、人権を軽視し、性を商品化し、虐げていること。いずれの報道をみても、暴力、パワハラ、性の搾取のオンパレードではないか。

女性たちが本当に虐げられているので悲しくなる。

スポーツ、エンターテイメントという若い人たちが最も注目し、影響を受ける分野で、女性たちが無力な状況に置かれ、それが社会に見せつけられているのが悲しい。

業界の方々にはよーく考えてほしい。

伊藤 和子

弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長

1994年に弁護士登録。女性、子どもの権利、えん罪事件など、人権問題に関わって活動。米国留学後の2006年、国境を越えて世界の人権問題に取り組む日本発の国際人権NGO・ヒューマンライツ・ナウを立ち上げ、事務局長として国内外で現在進行形の人権侵害の解決を求めて活動中。同時に、弁護士として、女性をはじめ、権利の実現を求める市民の法的問題の解決のために日々活動している。ミモザの森法律事務所(東京)代表。

伊藤 和子の最近の記事

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

PR

個人アクセスランキング(国内)

  1. 1

    なぜ知らない言葉が多い?流行語大賞候補

  2. 2

    安倍首相まで参戦「#どうして解散するんですか?」大炎上 若者に容赦ない日本(差し替え)

  3. 3

    みんな知ってる?:流行語大賞2014ノミネート50語(1):「ありのままで」「ダメよ~ダメダメ」など

  4. 4

    みんな知ってる?:流行語大賞2014ノミネート50語(2):JKビジネス、妖怪ウォッチ、壁ドン〜

  5. 5

    720万円のクルマは買えなくても520万円なら買えるヒトに国が200万円タダであげるという話

  6. 6

    「下から目線のプロ素人」の原理

  7. 7

    「日本メディアは自分たちの行動と正反対のことを報道していた」NYタイムズ東京支局長

  8. 8

    冨田氏が不服申し立てできなかった背景とは?

  9. 9

    衆議院選挙予想~自民党上積み、民主やや増、維新減、公明微増、共産躍進、後は消滅の危機

  10. 10

    無党派層は政権交代までも安倍政権を脅かすか

  1. 11

    「女性活躍」って何?  都議会では、セクハラヤジ問題の調査委設置の請願が否決される。

  2. 12

    解散の日の朝刊で朝日が露骨に安倍政権に嫌がらせ。

  3. 13

    3年で中卒者は6割強が離職…就職後の離職状況を学歴別に確認してみる(2014年)

  4. 14

    ブラックバイトに食い潰される学生、奨学金返済で困窮し20代ホームレス増、サラ金借り入れの7割は若者

  5. 15

    最低賃金の773倍=時給60万円等で報酬1億円以上の役員とワーキングプアを過去最多にしたアベノミクス

  6. 16

    アベノミクスで孫正義氏はわずか1年半で資産2.5倍増(1兆円増)-役員報酬1割アップ・労働者は賃下げ

  7. 17

    大企業の経常利益は過去最高、労働分配率は大幅低下-大企業ばかり潤わすアベノミクス転換し経済の好循環へ

  8. 18

    最近見かけない東大卒官僚出身の総理大臣

  9. 19

    「人」は支え合っていません。:武田鉄矢さんが金八先生の名言否定?とアイデンティティの心理学

  10. 20

    過去最悪の心の病、非正規労働者は倍増 -ブラックバイト・ブラック企業に栄養与えるアベノミクスに審判を

個人の書き手も有料ニュースを配信中