治部れんげ

ジャーナリスト、昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員
1997年一橋大学法学部卒業後、日経BP社で16年間、経済誌記者。2006年~07年ミシガン大学フルブライト客員研究員。著書にアメリカの共働き子育て事情を記した『稼ぐ妻 育てる夫』(勁草書房)、日本のワークライフバランスを考えた『ふたりの子育てルール』(PHP研究所)。家族は大学の同級生だった夫と息子1人、娘1人。得意分野は、働く女性、夫婦関係の再構築、男性の育児参加、子育て支援政策、グローバル教育など。15歳までは徹底して社会が支え、親の経済力に関わらず良質なケアと教育を受けられるような社会を作りたいです。その上で、大人には市場主義を適用したらいいと考えています。

記事一覧

1~25/28件 年月で絞り込む

2016年

2015年

2014年

前へ

次へ

1~25/28件