IT起業家、家入一真都知事選出馬、ホリエモン副知事誕生するか?

twitter上で、1000RTをもらえたら、都知事選出馬する。

こんなツイートで、起業家、家入一真さんが本当に東京都知事選に出馬する会見を開いた。

最初は、冗談っぽく、見ていたが、本当に出馬となった。

キーワード、「居場所のある街東京」

仕事、遊び、が楽しめる街、東京

政治に参加したくなる街、東京

政治をネットを使って身近にする

うん、この記者会見いいのでは…!

選挙期間内は24時間ネットで選挙活動する。この手法は、既得権益の人は脅威かも!

既存のシステムをハック! 優しい革命を!目指す!

クラウド選挙対策本部

頑張れ!家入一真! 応援するよ!

この会見見る限り、当選する可能性が無いわけではない気がする。

あと、当選したら、ホリエモンが副知事になるという宣言もすればいいのに…。

変な野党よりも、よほど強靭なパーティーになるはずだ。

泡沫候補並の10万票を超えるかどうか?むしろ、50~60万票で供託ポイントで300万円戻ればいいな…と本音もポロリ。

泡沫候補なのか、大型候補者になるのか?

何よりも、ホリエモンにとっては、供託金を貸しただけでなく、自分が立候補したらどれくらい票を獲得できるのかの試金石ともなることだろう。もしくは、政治家や政党とはまったく無縁の人たちを投票に向かわせる力となりそうだ。

ホリエモンにまんまと担がれた家入一真。 まだ、冗談の空気感は抜け切れていないけれども、本当に、弱者にとって、やさしい街になることを政策として打ち出してみてほしい。

奇跡がおこるかもしれない。猪瀬都知事の替わりにならなかったような、かつての負け候補者や、隠居政治家の一騎打ちよりは、よほど面白くなってきた。

しかし、家入さん、ネットだけでの選挙活動ではなく、せめてJR山手でマイク持たずに行脚する方法はやったほうがいいと思う。そのほうが、テレビの主な候補者の活動に映し出される。もしくはイベントだ。

かつて、ボクも参議院選挙でネットだけで選挙活動と思ったけれども、最後は街へ繰り出したからだ。知名度のないボクでも1万2000票を参議院選挙では獲得できた。意外にIT候補にやさしいのは離島なので大島とかは巡礼すべきだろう。

頑張れ!家入一真! 当選し、そして、ホリエモンを副知事に任命してほしい!

かなりこれで、東京、いやニッポンは、変わり始める変化に気づくだろう!