東京の積雪予想 的中2割で難しさ浮き彫り 

今週も雪か?5日(金)に今冬4度目の雪予想(ウェザーマップ)

今シーズン、東京の積雪予想は1勝2敗。30日朝には気温が1.6度まで下がったものの雪にはならず、もしも平日だったら、雪対策が空振りに終わり、かえって混乱した可能性もありました。積雪予想の的中率は20%に過ぎず、低迷したままです。

気温1.6度で雨

29日(金)から30日(日)にかけ、東京都心は雨で始まり、雨で終わりました。予想降雪量5センチどころか、まったく雪は降らず。もしも、これが週末ではなく、平日だったら、雪対策による交通機関の影響があったかもしれず、外れましたでは済まされない話だったと反省しています。

当初は暖かい空気が流れ込むため、雨が中心と見られていましたが、21日(木)くらいから、気温が低くなる可能性がでてきて、雪が降る予想へと変わりました。

地上付近の気温が低ければ低いほど、雪になりやすいわけですから、降水があって、気温が低いと予想されると、一気に大雪モードになります。

同じ気温でも、雨の場合とみぞれの場合がある
同じ気温でも、雨の場合とみぞれの場合がある

しかし、東京の雪は気温で決まるほど、単純ではありません。

30日午前6時の気温は1.6度、それでも雪に変わらず。雨に雪が混じるとの予想は当てが外れました。過去には、気温6度で雪が降ったこともあります。

おおまかに言って、気温が3度を下回ると雪に変わる可能性が高まるため、天気予報では雪マークが並ぶようになります。より詳細な気温の予測が分かるのが1日半前(39時間前)なので、これを境に天気予想が大きく変わります。

東京の積雪予想は的中率20%

東京の積雪予想を検証したもの(2013年から2016年1月まで)
東京の積雪予想を検証したもの(2013年から2016年1月まで)

2013年以降で、東京で1センチ以上の積雪が予想された場合、もしくは予想以上に雪が積もった場合を調べてみました。

もともと、東京に積雪予想が発表されるのはひとシーズンに数回なので、事例としては10例です。

今さらの話ですが、的中したと思われる事例はわずか2例に過ぎず、半数は今回のように雪が積もると予想しながら、まったく積もらないという例です。

もう少し精度が高くならないと、雪対策が空振りになり、いざという時に混乱を招くと思います。

また、予想の精度が低いと、最悪の事態を考えた、やや過剰な降雪予想となり、それが外れた印象を増す、悪循環に陥っています。

この悪循環を断ちたいが、注意深く予想するしか手立てはない。今シーズンの積雪予想は1勝2敗、今週も5日(金)に雪が降る可能性があり、4度目の正直が試されることになりそうです。