ウィリアム英王子の妻、キャサリン妃がご懐妊 伝統の長男優先廃止で女児でも王位継承順位3位に

木村 正人 | 在英国際ジャーナリスト

英国の王位継承順位2位のウィリアム王子(30)の妻、キャサリン妃(30)が第一子を身ごもったと12月3日午後、チャールズ英皇太子公邸が発表した。第一子が誕生すれば性別に関係なくチャールズ皇太子、ウィリアム王子に次いで王位継承順位3位となる。

2人は昨年4月29日にロンドンのウェストミンスター寺院で結婚式を挙げた。キャサリン妃は最近、気分がすぐれないとしてロンドンのエドワード7世病院で診察を受けたところ、妊娠していることが分かったという。キャサリン妃は1週間入院する予定。妊娠からまだ12週間を経過していないという。

今年はエリザベス女王の在位60年、ロンドン五輪・パラリンピックの成功とうれしいニュースが相次いでおり、キャサリン妃ご懐妊の朗報に英国中が沸き立っている。

キャサリン妃は一般家庭の出身で、将来の国王(ウィリアム王子)が貴族階級ではない一般家庭出身の女性と結婚するのは1660年のヨーク公(後のジェームズ2世)以来、350年ぶり。

英政府は2人の結婚後、英王室の王位継承法について現行の男子優先を廃止、性別にかかわらず長子が王位を継承できるよう改正し、ウィリアム王子とキャサリン妃の第1子誕生に備えていた。

英国では直系男子の王位継承が優先されてきたが、日本のように男系男子に限っていないため、1952年には男兄弟のいなかったエリザベス女王が即位した。

世論調査で「男子優先は時代遅れ」との声が75%を占めるようになり、労働党のブラウン前首相時代から王位継承法改正に向けた準備が進められてきた。

欧州の王室では長子継承が主流だ。王室のある欧州7カ国(モナコなど公国を除く)のうち、スウェーデンが1979年に長子継承に法改正したのを機にオランダやノルウェー、ベルギー、デンマークが続いている。

エジプトのファルーク国王(1952年の革命で王政崩壊)は「生き残ることができるのはトランプの王様4人と英国王」という名セリフを残したが、時代に合わせて王位継承法を改正する柔軟さでキャサリン妃にかかる精神的プレッシャーをやわらげた。

ウィリアム王子

チャールズ皇太子と故ダイアナ元皇太子妃の長男。英名門私立校イートン校卒、スコットランド地方のセントアンドルーズ大でキャサリン妃と出会った。英空軍救難ヘリコプターの副操縦士。弟はヘンリー王子。

キャサリン妃

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ職員、マイケル・ミドルトン氏と客室乗務員だったキャロル・エリザベスさんの長女。英服飾会社「ジグソー」で勤務後、両親が経営する通信販売会社を手伝う。

(おわり)

木村 正人

在英国際ジャーナリスト

ロンドンを拠点に活動する国際ジャーナリスト(元産経新聞ロンドン支局長)。日本国憲法の改正問題(元慶応大学法科大学院非常勤講師=憲法)や日英両国の政治問題、国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部で大阪府警・司法キャップを務めるなど大阪で16年間、事件記者を務め、東京で政治部や外信部を経験。2002~2003年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。2012年7月、独立してフリーに。

木村 正人の最近の記事

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

PR

個人アクセスランキング(国際)

  1. 1

    ロシアで目撃された謎の怪光 その正体に迫る(が迫れなかった件)

  2. 2

    諸外国の人たちが信頼を寄せているのはどのうよな組織・制度なのか

  3. 3

    1984から2014へ:スノーデンのドキュメンタリー映画が見せる重たい現実

  4. 4

    香港デモ長期化のもたらすチャイナリスク

  5. 5

    笑顔を武器にのし上がった習近平主席――なぜ安倍首相を嫌うのか?

  6. 6

    地べたから見たグローバリズム:英国人がサンドウィッチを作らなくなる日

  7. 7

    2年間の籠城で日照時間20分のアサンジ容疑者、ついに根負けか(動画)

  8. 8

    「アソコの反乱」から安倍首相にお願い 「プーチンになびかないで」

  9. 9

    衆院解散――異なる日中政治体制と庶民の声の反映

  10. 10

    有料習近平に面会を拒否された財界訪中団の衝撃

  1. 11

    中国・習主席の外交姿勢は世界から否定的意見多数、一部アフリカ諸国では高評価

  2. 12

    長期化する香港民主化デモ 「香港人」で居続けることの難しさ

  3. 13

    アメリカが考える「アジアの重要パートナー国」トップは日本、次いで中国

  4. 14

    ハリネズミのように要塞化されるクリミア半島

  5. 15

    中国人にも愛された高倉健――改革開放に利用した日本映画と日本アニメ

  6. 16

    オーストラリアが日本の潜水艦に関心を持つワケ

  7. 17

    日米安保、アメリカ合衆国では約8割が評価(2014年)

  8. 18

    アフリカにおける対テロ戦争の激化:ソマリア、米国、ケニアをつなぐ線

  9. 19

    錦織選手とジョコビッチ選手のユニクロ・ウエア着用宣伝効果 ユニクロ、次は物価高のスイスに出店? 

  10. 20

    多くの中国人にも愛された高倉健さん

個人の書き手も有料ニュースを配信中