保育園ヤジの平沢勝栄議員の「これ本当に女性が書いた文章なんですかね」が酷い

(写真:アフロ)

「保育園落ちた日本死ね」のブログについて質問した議員に対し、ヤジを飛ばした自民党の平沢勝栄議員が10日、テレビ朝日「モーニングショー」に出演したそうです。

その際、平沢議員は、

「これ、本当に女性が書いた文章なんですかね」と発言。

これを聞いたコメンテーターの高木美保氏は「それは関係ないでしょう、女性、男性関係ない」と激怒したそうです。

http://huff.to/1WcTBwO

ことここに及んで、なお「本当に女性が書いたのか」等と言っている与党議員がいることに、頭を抱えます。

待機児童問題をなんとかして、という叫びがあっという間に2万5000筆の署名となり、

待機児童を抱えた母親が厚労大臣と会って手渡している状況(huff.to/1R6gjlS)だというのに、何を言っているんだ、と。

憤らずにはいられません。

政府は、3000億用意すると言って、もう何年も放置している財源を早く確保し、

平均約20万円の保育士給与の是正を行い、保育士不足問題を解決すべきです。

でなければ保育園を増やすことは不可能です。

みなさん、残念ながら与党議員の多くは、平沢勝栄議員のような認識です。

実感も共感も、ないのです。

だから、強く声をあげるしかありません。本当に困っているんだ、なんとかしてほしいと何度でも何度でも、言い続けるしかないのです。

たった一つのブログが総理まで届いたのだから、あなたのシェアやRT、呟きやブログが、そうした議員たちに届かないことはないのです。

声を、あげましょう。「本当に女性が書いたのか」なんて、言わせないためにも。