元特捜部主任検事の被疑者ノート(1) 逮捕2日前、大阪地検特捜部長からの電話

(写真:アフロ)

~序章(1)

逮捕2日前

夜半、携帯電話に着信履歴。大阪地検の特捜部長からだった。

折り返すと、「自宅でゆっくりしている時に悪いな。検事正から話があるそうやから、明日の午後1時に検事正室に来てくれるか。検事正には部長も同席するようにと言われた。用件は不明や」とのこと。

日曜日の23時になろうかという時間だったし、翌9月20日は敬老の日だった。

地検トップの検事正がわざわざ特捜部の部長と検事をセットで休日の庁舎に呼び出すということ自体、穏当でない。

ちょうど9日前には、僕が主任検事として捜査の取りまとめを行った厚労省虚偽証明書事件で、担当課の元課長に無罪判決が下っていた。

捜査当時は「社会・援護局長」という厚労省の要職に就いていた方だ。

引責のための突然の人事異動の話か、フロッピーディスクのデータ改ざんの件ではないかと直感した。

僕は何よりも法と証拠を重視すべきプロの法律家である検事として、絶対にやってはならない罪を犯した。

元課長やそのご家族をはじめ、厚労省事件に関わった全ての関係者の皆さまに与えた計り知れない苦痛を思うと、まさしく万死に値する行いにほかならない。

検事として、それ以前に一人の人間として、衷心からのお詫びの気持ちを形に表すべく、けじめをつけなければならない。

後輩検事の一人に改ざんの件を告白した際、「最後は僕が首をくくって責任をとるから」と言っていたが、いよいよその時がやってきたようだ。(続)