「何かに挑戦している大人」と「何をやってもつまらなそうな大人」はどこにでもいる!?

(写真:アフロ)

「何かに挑戦している大人」「働きがいをもって仕事をする大人」は、組織の大小にかかわらず、探せばどこにでもいる

逆にいうと、

「やらされ感漂いながら疲れ果てて仕事をしている大人」「何をやってもつまらなそうな大人」は、組織の大小にかかわらず、探せばどこにでもいる

文章にしてしまうと「アタリマエのコンコンチキ」のように思えることかもしれません。

しかし、ここ数年、授業などで出会う大学生の皆さんと話していると、必ずしも、そうは思っていない方がいるよな、と思うことがあります。

場合によっては、

「大きな企業」=「組織の歯車として働く」=「言われた仕事をやる」=「つまらない」

「ベンチャー企業」=「夢をもって挑戦して働く」=「自分で仕事をつくる」=「楽しそう」

みたいな「ステレオタイプ的イメージ」をもっておられる場合が少なくありません。

別に、他人が組織にどういうイメージをもとうが、それは「人の勝手」なので、僕としてはどうでもいいです。就職は専門外、全くの門外漢です。

ただし、この十年以上、本当に様々なビジネスパーソンとお会いしてきた経験からすると、ついつい、これらの学生の認識に「ほんと?」と問いかけをいれたくなってしまいます。

ひと言でいうと、

人の働き方や仕事に対するモティベーションを考えるときに「組織の規模」や「組織の枠」に囚われすぎると、判断を誤ってしまうことも少なくないな

と思うのです。

「組織の規模」や「組織の枠」をとっぱらって、自分の進路選択をしたほうがいいんでないの

と思うのです。

「何かに挑戦している大人」や「何をやってもつまらなそうな大人」は、組織の規模にかかわらず、どこにでもいるよ、と。

大企業にいても「新技術の開発、新たなマーケティング戦略、新たな商品開発に、夢をもって取り組んでいる人」もいます。部署間をつないだり、社外の様々な企業と連携して、イノベーションをおこそうとやっきになっている人もいます。

もちろん、一方で、働きがいを失っている人もいます。いやいや、やりたくない仕事に取り組む人もいます。

他方、ベンチャー企業だからといって、「自分のやりたいように働ける」場合が必ずしも多いわけではありません。金策に走り回ることに疲れ果てることもある。人数が少ないので、すべての業務を自分で引き受け、全く自宅に帰ることがままならない人もいます。

もちろん、夢をもって、自分の事業を大きくすることに取り組む人もいます。新技術を片手に、世界を相手に仕事をしている人もいます。仕事を通じての成長に生き甲斐を感じている人もいます。

「どっちが多いか」と言われると、正直、わかりません。

でも、「どっちが多いのか?」「多い方を選ぶ」という選択自体が、判断を誤らせるもとなのではないの、と思ってしまいます。

たとえば

「ベンチャーの方につとめる人の方が、モティベーションの平均値は高い傾向がありました」

と聞けば、ベンチャーを選びますか?

「大企業の方につとめる人の方が、組織コミットメントが高い傾向がありました」

ときくと、大企業を選びますか?

あなたは「平均値」で、自分の進路を選択しちゃうのですか?

あなたは、いったい、何がやりたいですか?

やや話が「脱線」しました。

僕が申し上げたいのは

「組織の規模が、人の働き方やモティベーションを決定する」

と考えることは、ある種の「ステレオタイプ」のようにも思います。

それは、いわゆる「素朴概念」・・・仮に名付けるのなら「素朴労働観」「素朴組織観」「素朴モティベーション観」といってもよいかもしれません。実際はね、もっといろんな影響で決まるんだ。

どんな上司に出会うか。どんな同僚がいるか。与えられた仕事が上向きか。納期はきついか。OJT指導員とのウマがあうか。

そういうたくさんの影響で、働き方やモティベーションが決まります。

しかし、どうも学生の段階では、まぁ社会との接点がないので致し方ないのですが、

組織の規模がすべてを決める

と考えている節があります。

こうした「固定的な認識」に依拠かぎり、そこで「思考停止」できますので、「他に何も考えることがなくってて楽」です。

ただ、どうも「現実」はそうなっていないんじゃないだろうか。

「組織の規模」や「組織の枠」でものを考えることをやめてみると、いろいろ見えてくるものがあるんじゃないかな、と思います。

「組織に縛られたくない」とよく人はいいます。

もしそうであるのなら、自分が働き方を考えるときに、自らが「組織の枠」に囚われていないかを、チェックしてみてもいいのではないでしょうか。

「組織に縛られたくない人」ほど「組織という枠」で物事を考えがちであるように思うのは、僕だけでしょうか。

でもね、「組織に縛られたくない」人が、「組織の枠」を通して物事を見つめているのだとしたら、それは論理矛盾です。

「何かに挑戦している大人」

「働きがいをもって仕事をする大人」

「やらされ感漂いながら疲れ果てて仕事をしている大人」

「何をやってもつまらなそうな大人」

誠に、世の中には、いろんな人がいます。

学生にも多種多様な人がいて、大学時代をいろいろに過ごすように、ビジネスパーソンといっても、多種多様。働き方に対する意識やモティベーションも多種多様。島倉千代子の「人生いろいろ」、今度、カラオケで歌ってごらん(笑)。

もしアドバイスするのだとしたら「組織の規模」「組織という枠」で判断する前に、いろいろな人に、あってみて、話をしてみると、いいんじゃないかなぁ。

そして、そのうえで「自分はどうなりたいか」を考えて見れば、また違った視野が広がるのかもね。

大丈夫、明日はまたくる

そして人生は続く