アップル、日本で「iWatch」の商標を出願

大元 隆志 | ITビジネスアナリスト/顧客視点アドバイザー

アップル「iWatch」を商標登録
アップル「iWatch」を商標登録

先月ロシアで「iWatch」の商標が登録されていたことが話題になったが、日本でもアップルが「iWatch」の商標を登録していたことがわかった。出願日は6月3日。特許庁にて公開されているデータによれば、下記の通り。

【発行国】日本国特許庁(JP)

【公開日】平成25年6月27日(2013.6.27)

【公報種別】公開商標公報

【出願番号】商願2013-42097(T2013-42097)

【出願日】平成25年6月3日(2013.6.3)

【出願人】

【氏名又は名称】アップル インコーポレイテッド

【住所又は居所】アメリカ合衆国 95014 カリフォルニア州 クパチーノ インフィニット ループ 1

なお、iWatchに関しては既に米国で特許出願されている。その資料の内容を見ると、今まで既出の「湾曲」で手首にそったデザインになることが予想される。(とはいえ特許に提出したデザインをそのまま利用する義務は無いので変更される余地は十分ある)

アップルのiWatch特許出願資料より
アップルのiWatch特許出願資料より

今年のWWDCで発表されるのではないかと噂もあったが発表されず、今年の後半、あるいは来年の後半と噂だけが先行してしまっている「iWatch」。しかし、特許や商標など「外堀」は確実に埋めているようだ。グーグルグラスとiWatchが出揃えば2014年は間違いなく「ウェアラブルコンピュータ」の年になるだろう。

大元 隆志

ITビジネスアナリスト/顧客視点アドバイザー

ITビジネスアナリスト。「ITの潮流から時代の変化を読み解く」 ことを得意とし、新たなプレイヤーの登場を一早く察知し、次の時代に勝つルールを解説する。通信業界で設計、提案、企画を14年経験。モバイルを軸としたITのビジネス企画が得意であり、MCPCアワード審査員も務める。『ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦』など著書多数。講談社 現代ビジネス、翔泳社EnterpriseZine、ITmediaマーケティング等、ZDNET、CNETなどIT系メディアで多くの記事を執筆。所有資格:米国PMI認定 PMP、MCPC認定シニアモバイルシステムコンサルタント。

大元 隆志の最近の記事

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

PR

個人アクセスランキング(IT・科学)

  1. 1

    「エボラからの生還」が映す人命の南北格差

  2. 2

    自称小4サイトのNPO法人代表は「謝ったからマシ」ではなく「実名がバレて謝らざるを得なかった」だけ

  3. 3

    日本が感染数世界一を誇るらしいマルウェア「Darkhotel」の件

  4. 4

    熱帯低気圧発生 12月に台風?!

  5. 5

    ご用心!Siriが「ヘイ!シリ!」で個人情報を漏洩してしまう件

  6. 6

    もう「Google Glass」には誰も関心を寄せない? 急速に萎んだ開発者の意欲

  7. 7

    自称小学4年生が作ったサイト『どうして解散するんですか?』、やっぱり嘘。NPO法人代表が謝罪

  8. 8

    Google Glassが失敗したのはデザインのせいなのか?

  9. 9

    自称小学4年生が作ったサイト『どうして解散するんですか?』が大人の仕業じゃないかと話題に

  10. 10

    「銀行口座を勝手に開設された」サウンドハウスが楽天市場の出店中止を発表

  1. 11

    サムスンの”これがホントのウェアラブル"特許について

  2. 12

    有料インフィニオンは人件費の高いドイツでなぜ工場を稼働できるのか

  3. 13

    天気予報、見るところによって違うのはなぜ?

  4. 14

    インターネットで使われている言語の普及率を探る

  5. 15

    なぜ情報漏えいが起こるのか?(背景と原因編)

  6. 16

    iPhone6とiPhone 6 plusと iPhone 5Sの選択について

  7. 17

    ソーシャルは難しい。わたしはこれでYahoo!個人に投稿するのをやめることにしました

  8. 18

    科学に成果主義を強いて規則漬けにする愚――理研改革提言書の矛盾

  9. 19

    今更聞けない!LINE ID乗っ取りを防ぐ方法まとめ

  10. 20

    武雄市の樋渡市長、ユーザーを「ひまじんうんこ」と侮辱。自ら市のガイドライン破る

個人の書き手も有料ニュースを配信中