アップル、日本で「iWatch」の商標を出願

大元隆志 | ITビジネスアナリスト/顧客視点アドバイザー

アップル「iWatch」を商標登録
アップル「iWatch」を商標登録

先月ロシアで「iWatch」の商標が登録されていたことが話題になったが、日本でもアップルが「iWatch」の商標を登録していたことがわかった。出願日は6月3日。特許庁にて公開されているデータによれば、下記の通り。

【発行国】日本国特許庁(JP)

【公開日】平成25年6月27日(2013.6.27)

【公報種別】公開商標公報

【出願番号】商願2013-42097(T2013-42097)

【出願日】平成25年6月3日(2013.6.3)

【出願人】

【氏名又は名称】アップル インコーポレイテッド

【住所又は居所】アメリカ合衆国 95014 カリフォルニア州 クパチーノ インフィニット ループ 1

なお、iWatchに関しては既に米国で特許出願されている。その資料の内容を見ると、今まで既出の「湾曲」で手首にそったデザインになることが予想される。(とはいえ特許に提出したデザインをそのまま利用する義務は無いので変更される余地は十分ある)

アップルのiWatch特許出願資料より
アップルのiWatch特許出願資料より

今年のWWDCで発表されるのではないかと噂もあったが発表されず、今年の後半、あるいは来年の後半と噂だけが先行してしまっている「iWatch」。しかし、特許や商標など「外堀」は確実に埋めているようだ。グーグルグラスとiWatchが出揃えば2014年は間違いなく「ウェアラブルコンピュータ」の年になるだろう。

大元隆志

ITビジネスアナリスト/顧客視点アドバイザー

ITビジネスアナリスト。「ITの潮流から時代の変化を読み解く」 ことを得意とし、新たなプレイヤーの登場を一早く察知し、次の時代に勝つルールを解説する。通信業界で設計、提案、企画を14年経験。モバイルを軸としたITのビジネス企画が得意であり、MCPCアワード審査員も務める。『ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦』など著書多数。講談社 現代ビジネス、翔泳社EnterpriseZine、ITmediaマーケティング等、ZDNET、CNETなどIT系メディアで多くの記事を執筆。所有資格:米国PMI認定 PMP、MCPC認定シニアモバイルシステムコンサルタント。

大元隆志の最近の記事

PR

有識者・専門家がニュースに切り込む

個人アクセスランキング(IT・科学)

  1. 1

    Excelという奇跡

  2. 2

    ドローンという名のフランケンシュタイン・コンプレックス

  3. 3

    フェイスブック、来年からの利用規約に要注意!

  4. 4

    慶應義塾大学の藤代一成教授に聞く、法科学や医療にもCGが活用される時代について

  5. 5

    「小顔がなぜモテるのか」を遺伝子から考えてみる

  6. 6

    iPhoneで家庭の機器操作する「Home」がまもなく登場、アップルが次に仕かける大物アプリ

  7. 7

    技術立国であることを誇りに!YAMAHA YZF-R1/R1M @ 人とくるまのテクノロジー展

  8. 8

    若者のフェイスブック離れを示す新たなデータ、「信頼できない」「楽しくない」との回答多数

  9. 9

    ダイソーで売っているiPhone用Lightning充電ケーブルとアップルの特許について

  10. 10

    2014年度Q4の純増数トップはドコモに軍配が上がる

  1. 11

    イジメられるとなぜ心だけでなく体も痛みを感じるのか

  2. 12

    有料本音をぶっちゃけまくるソフトバンク宮内社長の経営感覚 石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.131後編

  3. 13

    中高生、ネット使って何してる!?

  4. 14

    iTunesがTumblrサイトを開設し、米国の若者との接点作りに取り組む

  5. 15

    愛子様に失礼ではないか!やはり小中学生のSNS規制に賛成すべき?

  6. 16

    「ガラケーは不要」のソフトバンクがガラケー新機種を発表

  7. 17

    「これ言っちゃっていいのかな…」LINEニュースのMAUは500万と舛田淳上級執行役員が明かす

  8. 18

    有料本音をぶっちゃけまくるソフトバンク宮内社長の経営感覚 石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.131前編

  9. 19

    ドローンで撮影したYouTube再生回数ベスト3動画がそれぞれ面白すぎる!

  10. 20

    Apple Watchが便利だなぁと思う大切なシチュエーション

個人の書き手も有料ニュースを配信中