宮崎駿「風立ちぬ」アメリカでの評判は?

猿渡由紀 | L.A.在住映画ジャーナリスト

「風立ちぬ」が、金曜日にニューヨークとロサンゼルスで公開になった。本格的な公開は来年2月だが、アカデミー賞の候補になるためには、年内に最低1週間劇場公開されていることが必要。候補入りのために、1週間の二都市限定公開が行われたわけだ。吹き替え作業は間に合わず、アニメだというのに字幕だけの公開。ピクサーやドリームワークスの3Dアニメを見慣れた一般のアメリカ人には、2Dのセル画アニメというだけで興味を失う人も多いものだが、宮崎駿はアメリカでも知識人や業界人に崇拝されている人物。批評はきわめて好意的で、L.A.タイムスは「すばらしい最後の飛行」という見だしで文化面のトップで取り上げ、この作品を「とても美しく、とても特異である」と評価している。宮崎の引退宣言はハリウッドでもすでに知られており、「巨匠ならではの卓越した作品であるだけに、これが最後であるというのがあまりにも残念」とも語った。

「USA Today」紙も絶賛。「これまでの宮崎作品よりもリアリティに基づいているので、ファンタジーの要素を求めるファンはがっかりするかもしれない」としながらも、「ジローは戦争に使われた飛行機を作った人だが、戦士ではなく、ロマンチストであり、エンジニア。この映画は、そんな人物をビジュアルな形で描くポエトリーだ」と書いている。

「Entertainment Weekly」誌の評価も、A-。一方「New York Daily News」紙は5つが最高のうちの3つ星にとどまり、「『風立ちぬ』は『千と千尋の神隠し』や『ハウルの動く城』や『崖の上のポニョ』には及ばないかもしれないが、大人向けの映画であるという点で大きな意義がある」とコメントした。

だからといって、オスカーにつながるとは必ずしも言えない。2014年のアカデミー賞アニメ部門には、「モンスターズ・ユニバーシティ」「怪盗グルーのミニオン危機一髪」など大ヒット作品を含む19作品が提出されている。「千と千尋~」は見事オスカーに輝いたが、あの年のライバルはせいぜい「アイスエイジ」や「リロ&スティッチ」で、いわば幸運な年だった。とはいえ、次のオスカーのアニメ部門には、圧倒的なフロントランナーも今のところいない状態。これからの3ヶ月、まだまだ何があるかわからない。

猿渡由紀

L.A.在住映画ジャーナリスト

神戸市出身。上智大学文学部新聞学科卒。女性誌編集者(映画担当)を経て渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスター、映画監督のインタビュー記事や、撮影現場レポート記事などを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する。カンヌ映画祭も毎年取材。映画と同じくらいヨガを愛し、アシュタンガヨガを長年実践している。

    猿渡由紀の最近の記事

    PR

    有識者・専門家がニュースに切り込む

    個人アクセスランキング(エンタメ)

    1. 1

      映画の“バラエティ化”の果てに生まれた『プロレスキャノンボール』という青春映画

    2. 2

      「聴覚を失った現代のベートーベン」佐村河内守 なぜテレビはダマされたのか?

    3. 3

      山田孝之は大丈夫なのか――『山田孝之の東京都北区赤羽』で見せる苦悩

    4. 4

      きゃりー&深瀬で注目。ペアルック(カップルコーデ)が、今さら流行する理由。

    5. 5

      「8.6秒バズーカー」、“ラッスンゴレライ”は3軍ネタだった!

    6. 6

      「EXILE」オーディション不合格も…俳優の道へ!青柳翔、転機は「島での2ヵ月」だった

    7. 7

      “ネットフリックス脅威論”に7つの誤解

    8. 8

      Acid Black Cherry、“人生の儚さと悲しさと愛を歌う”小説のような衝撃作とは?

    9. 9

      ゲイをカムアウトした俳優が、ゲイ役を演じる勇気とリスク

    10. 10

      MALIA、3度目の結婚で自分が変わった

    1. 11

      日本アカデミー賞の存在理由――北野武監督の批判と岡田裕介会長の反論

    2. 12

      樋口尚文の千夜千本 第26夜「龍三と七人の子分たち」(北野武監督)

    3. 13

      優勝を狙うカープの5年間を振り返る――野村謙二郎『変わるしかなかった。』

    4. 14

      「一発屋芸人」はなぜ生まれるのか?――「ラッスンゴレライ」が大ヒットする理由

    5. 15

      【展望台チケットがなくても楽しめる】「あべのハルカス」の絶景カフェで、名物パンケーキ&カプチーノを!

    6. 16

      ブレイク中の「クマムシ」、早くも“コンビ間格差”!?

    7. 17

      映画『渇き。』にフィーチュア、庵野監督率いるスタジオカラーも注目する女子高生がメジャー・デビュー!

    8. 18

      「森三中」大島の妊娠ニュースから垣間見える“妊活”の本音

    9. 19

      少女時代・ジェシカ脱退から見るK-POP――韓国芸能界を生きる韓国系アメリカ人

    10. 20

      イスラム国人質事件での番組放送自粛は何だったのか? 千原ジュニアの「クレーム」に寄せられたクレーム

    個人の書き手も有料ニュースを配信中