宮崎駿「風立ちぬ」アメリカでの評判は?

猿渡由紀 | L.A.在住映画ジャーナリスト

「風立ちぬ」が、金曜日にニューヨークとロサンゼルスで公開になった。本格的な公開は来年2月だが、アカデミー賞の候補になるためには、年内に最低1週間劇場公開されていることが必要。候補入りのために、1週間の二都市限定公開が行われたわけだ。吹き替え作業は間に合わず、アニメだというのに字幕だけの公開。ピクサーやドリームワークスの3Dアニメを見慣れた一般のアメリカ人には、2Dのセル画アニメというだけで興味を失う人も多いものだが、宮崎駿はアメリカでも知識人や業界人に崇拝されている人物。批評はきわめて好意的で、L.A.タイムスは「すばらしい最後の飛行」という見だしで文化面のトップで取り上げ、この作品を「とても美しく、とても特異である」と評価している。宮崎の引退宣言はハリウッドでもすでに知られており、「巨匠ならではの卓越した作品であるだけに、これが最後であるというのがあまりにも残念」とも語った。

「USA Today」紙も絶賛。「これまでの宮崎作品よりもリアリティに基づいているので、ファンタジーの要素を求めるファンはがっかりするかもしれない」としながらも、「ジローは戦争に使われた飛行機を作った人だが、戦士ではなく、ロマンチストであり、エンジニア。この映画は、そんな人物をビジュアルな形で描くポエトリーだ」と書いている。

「Entertainment Weekly」誌の評価も、A-。一方「New York Daily News」紙は5つが最高のうちの3つ星にとどまり、「『風立ちぬ』は『千と千尋の神隠し』や『ハウルの動く城』や『崖の上のポニョ』には及ばないかもしれないが、大人向けの映画であるという点で大きな意義がある」とコメントした。

だからといって、オスカーにつながるとは必ずしも言えない。2014年のアカデミー賞アニメ部門には、「モンスターズ・ユニバーシティ」「怪盗グルーのミニオン危機一髪」など大ヒット作品を含む19作品が提出されている。「千と千尋~」は見事オスカーに輝いたが、あの年のライバルはせいぜい「アイスエイジ」や「リロ&スティッチ」で、いわば幸運な年だった。とはいえ、次のオスカーのアニメ部門には、圧倒的なフロントランナーも今のところいない状態。これからの3ヶ月、まだまだ何があるかわからない。

猿渡由紀

L.A.在住映画ジャーナリスト

神戸市出身。上智大学文学部新聞学科卒。女性誌編集者(映画担当)を経て渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスター、映画監督のインタビュー記事や、撮影現場レポート記事などを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する。カンヌ映画祭も毎年取材。映画と同じくらいヨガを愛し、2001年から、アシュタンガヨガを週6日実践している。

    猿渡由紀の最近の記事

    PR

    個人アクセスランキング(エンタメ)

    エンターテインメントトピックス

    オーサー一覧(エンタメ)

    個人の書き手も有料ニュースを配信中