「コミケでスリをしたオタクの顔と住所が特定される」とツイート→実際は無関係の別人(追記あり)

「スリをしたオタクの住所」という拡散ツイート。モザイクは筆者加工

「今日のコミケでスリをしたオタクが早速、住所など特定される」という文章とともに、犯人とされる人物の顔写真や住所などがTwitterで拡散されていますが、無関係の別人です。

ツイートをそっくりそのままコピーしたパクリツイートなども合わせると2万RT以上されており、被害が大きいと思われるためRTしている方は今すぐ取り消しましょう。

「スリをした」がそもそも釣り

まず、「今日のスリの収穫」などと言ってサイフの画像をアップしている人物ですが、この「スリ」ツイートがそもそも釣りだと判断できます。

なぜなら掲載されている写真が他人のものだからです。まず、こちらがその「スリ」ツイートですが、

問題のツイート。モザイクは筆者加工
問題のツイート。モザイクは筆者加工

1枚目のCOACHの長財布はこちらの方の写真です。

そして2枚目のジップロックに入ったお金はこちらの方の写真です。

※3枚目の写真のネタ元は見つけられませんでした。。。

また、アカウント名にもネットスラングが使われており、いわゆる「ネタアカウント」であると推察できます。

顔と住所は別人のもの

そして、晒されている顔写真と住所に関してですが、こちらは別人のものだと断言できます。

顔写真、名前、住所を晒すツイート。モザイクは筆者加工
顔写真、名前、住所を晒すツイート。モザイクは筆者加工

詳細を書くとこの方の被害が大きくなるため省きますが、あるネット上のトラブルから匿名のネットユーザーたちに祭り上げられている対象であり(いわゆるネットいじめ)、今回のように個人情報をたびたびアップされています。

つまり「スリをした」という人物と、「名前と住所を特定した」という人物の共同の釣り行為により、この方が犯人にされてしまっているわけです。

正義のつもりがネットいじめに加担

ツイートのスクリーンショットを拡散している人や、この件について怒っている人を多数見かけますが、それ、全部騙されてます。スリの犯人を追い詰めるという正義の行動のつもりが、逆にネットいじめに加担してしまっている状態です。

RTしている方は今すぐ取り消しましょう。

ちなみにこの方が逮捕されたという情報も流れているため、念のため所轄の警察署に確認を取ってみましたが「個別の案件についてお答えできないのですが、実際に逮捕したのであれば報道があるためそちらで確認して欲しい」との回答でした。そして今のところそのような報道は確認できていません。

12月31日12時38分追記

スクリーンショットに掲載している約23,000RTされていたツイートが削除されていることを確認しました(31日7時半頃)。ただ、別のアカウントが内容をそっくりそのままコピーしたパクリツイートを行っており、そちらは6,000RTほどされています。

同様の内容のツイートがタイムラインに表示されても、くれぐれもRTしないようご注意ください。