ブックメーカーがサッカーを発展させる。

日本代表を報じるテレビ局の姿勢。それを一言でいうなら応援報道だ。頑張れニッポン。試合を中継するに当たっては、民放のみならずNHKもこの姿勢を全面に押し出している。

その方が多くの人の関心を惹きつけやすいことは確かだ。サッカーに普段、高い関心を抱いていない人も、これならば入って行きやすい。五輪の場合もそうだけれど、競技に詳しくなくても、応援の名のもとに盛り上がることができる。高い視聴率はその産物だ。

しかし、年期が入ったファンの中には、そのスタイルが少々嘘くさく見える人もいるはずだ。表面的な綺麗事に思えたとしても不思議はない。サッカーとの関係が密になれば、いいたいことも増えてくる。人間関係と同じである。ドロドロとした愛憎関係に発展していく。

ヨルダンに不甲斐ない敗戦を喫しても、その僅か数分後にはすっかり立ち直り、さあ次は頑張りましょうと、番組を閉められると、むしろストレスは溜まる。日本代表と愛憎関係にある人には、その一方的な応援スタイルが、現実感のないものに見えてしまう。

中立的なスタンスにはないので、報道という視点から見ても疑問を覚える。日本と韓国が対戦すれば、その中間に立って試合を見つめ、お互いのいいところ、悪いところを他意なく述べることが、本来の姿だと僕は思う。ともすると日本贔屓になるところをグッと抑える姿勢、それを読者、視聴者にバレないように演じる姿勢こそが、報道の本来の役割、使命ではないかと思っている。

日本のスポーツ報道には残念ながら、そうした姿勢が希薄だ。愛憎関係も見ることができない。自己を否定することはほとんどない。挙げ句、ネガティブな話はやめて、ポジティブな話をしましょうと注意を促す人まで現れる。

とはいえ、中立、真ん中、中庸を見つけ出すことは至難の業だ。サッカーの場合はとりわけだ。何といっても世界が広い。地球上の津々浦々、どの国へ行っても、ほぼ例外なくメジャースポーツとして通っている。価値観もその分だけうごめいている。

記録の類が極端に少ない競技性も輪を掛ける。この選手は活躍したのか、しなかったのかが、たとえば野球のように一目瞭然にならない。

結果に運が絡む確率も高い。番狂わせの起きやすさは、球技の中ではナンバーワン。あらゆるスポーツの中でもトップクラスだ。勝因は運以外の何ものでもないと言いたくなる試合にしばしば出くわす。勝っても喜べない試合もあれば、負けても胸を張っていい試合もある。

サッカーほど多くの不確定要素によって構成されている競技も珍しい。アウトラインを把握するだけでも大変なのに、ましてや中庸となると途方に暮れる。客観を尽くしても中立公正を保つことは簡単ではない。

応援報道に走る理由の一つかもしれない。その方が、不確定要素の固まりであるサッカーと対峙しやすい。すると、ますますこの世界は混沌とする。年期が入った読者、視聴者はストレスを溜める。

サッカー界において、平衡感覚に優れた真のジャーナリストでいることはかなり難しい。外国にはこの手の人は少なくないとはいえ、彼らとてサッカー界のすべての状況をキチンと把握しているわけではない。それは現実的に不可能なのだ。

そうした魑魅魍魎とした世界の中で、貴重な役割を果たしているのがブックメーカーだ。彼らの予想こそ中立公正。この世で一番他意がない客観性を備えている。予想を外したら自らが損をする仕組みにあるので、客観的にならざるを得ないのだ。その様々な予想対象のオッズを眺めていると、混沌はずいぶん解消される。ブックメーカーがジャーナリスト性に富んだメディアの役を果たしてくれているのだ。

日本のメディアもようやく最近、ブックメーカーの予想オッズを引き合いに出すようになってきたが、まだまだご都合主義的だ。応援報道の範疇を超えるショッキングなものは極力出さないようにしている。来年に迫ったブラジルW杯の優勝予想などは、その最たる例。最大の関心事をなぜあえて紹介しないか。理由は日本の順位の低さにある。現在ガーナと並んで22位タイ。ベスト16の線から漏れたポジションにいる。

先日、サッカー振興くじの改正法案が、参議院で可決。どうやらくじの対象が、チャンピオンズリーグや欧州各国リーグまで広がることになるらしい。歓迎すべき話ではある。しかし、日本のスポーツ界にとって本当に有益なものは「くじ」ではない。くじを買うために必要な物差し。すなわち客観的な予想だ。

必要なのは、まさにブックメーカーだと僕は思う。サッカー振興くじ法案を改正するなら、その第一段階として、本場のブックメーカーから、日本に居ながらにして購入できるようにして欲しかった。

ブックメーカーの予想と、サッカー界の発展、スポーツ界の発展は、密接な関係にある。僕は強く思うのだ。