【Yahoo!ニュース 個人】8月の月間MVAとMVCが決定

(写真:アフロ)

■Yahoo!ニュース 個人、8月の「月間MVA(Most Valuable Article)」と「月間MVC(Most Valuable Comment)」が決定しました

社会の課題を伝えている・議論を喚起している・読者の心に響く……などの観点で選出している「月間MVA」。記事のアクセス数ではなく、目指す世界観「発見と言論が社会の課題を解決する」を体現している記事を、編集部を中心とした運営スタッフがアナログで選出しています。あわせて、すぐれたオーサーコメント「月間MVC」も選出しました。厳選5本の記事とオーサーコメント、筆者の受賞コメントをあわせて紹介します。

※※※

8月の月間MVA

なぜ医者は「飛行機の中にお医者さんはいませんか」に手を挙げないのか?医師の本音(中山祐次郎)

筆者による受賞コメント:この記事は「雲の上の密室」という特殊な状況での救命活動について、医師としての本音を書いた。言い換えれば、医師としての矜持と医師を続けられぬリスクが拮抗したこの究極の状況でもある。この記事で私がこき下ろしたANAの方から連絡が来た。記事発表直後から登録医師が激増したそうだ。想定外の喜びだ。記事執筆にあたり、これからも利害関係に絡め捕られることなく欺瞞に風穴を開けよう。 私はいつも、真実だけの奴隷でいたい。

中山祐次郎

選出理由:航空会社の医師登録制度導入のタイミングで発信された現役医師からの問題提起。キャッチーな見出しと具体的な事例を用いた「本音」、わかりやすい文章で最後まで一気に読ませます。

※※※

NHK貧困報道”炎上” 改めて考える貧困と格差(湯浅誠)

筆者による受賞コメント:「相対的貧困も貧困」という”業界人”には「あたりまえ」のことが、多くの人に とって全然「あたりまえ」でなかった、という事態を露呈させた一件でした。2つの「あたりまえ」を架橋して目線を合わせたい、という思いで執筆しました。

湯浅誠

選出理由:一連の同炎上問題の議論が続くなかで、「相対的貧困」と「絶対的貧困」の違いなど、客観的なデータも交えながらわかりやすく解説しています。筆者の専門性を活かして過熱しがちな議論を建設的なものへ促す考えさせられる1本でした。

※※※

9月1日に考える、自殺と子どもたちの逃げ道(平岩国泰)

筆者による受賞コメント:このたびはMVAにご選出いただき、誠にありがとうございます。子どもの数が年々減っていく一方で、いじめや不登校また子どもへの虐待なども増え続け、子どもを取り巻く環境はますます難しくなっています。これからも社会全体で子どもたちを応援できるような記事を書き続けたいと思っております。

平岩国泰

選出理由:子どもの自殺者数最多の9月1日を前にしたタイミングで、生きづらさを抱える子どもや周りの大人へ逃げ道の重要性を呼びかけた記事です。筆者の経験等を交えた解説で、心のセーフティネットの重要性を問いかける1本です。

※※※

PCデポ 高額解除料問題 大炎上の経緯とその背景(ヨッピー)

筆者による受賞コメント:対象が上場企業ということもあって社会的な影響の大きさにビクビクしながら書きました。デジタルデバイスの利用がこれだけ広まっているとは言え、高齢者層のように「まだまだこれから」という人々もいるわけですから、記事の文末にも書いたように、そういった人々でも安心、健全にインターネット利用における利益を享受出来るような社会の実現に向けて少しずつでも進んで行くと良いな、と思っております。

ヨッピー

選出理由: まさに筆者ならではの取材力や丁寧な構成で問題の背景に深く切り込み、大きな反響を読んだ1本です。背景となった高齢化や同様の高額契約にもふれ「決して他人事ではない」とよびかける深い問題提起につながる記事です。

※※※

一部の性犯罪報道 被害者の容姿について、なぜ報じるのですか?(小川たまか)

筆者による受賞コメント:選出いただきありがとうございます。問題を継続して考えていく必要があること、同じ思いの方たちと一緒に問題提起したいと考えたことから、性暴力被害についての活動を行っている方たちのコメントを随時加えていくかたちにしました。また、現在、「性暴力を許さない女の会」の方たちが、マスコミに対して「性暴力犯罪の報道は、被害者や被害経験者を追い詰めない内容にしてください!」という要望書を提出するためのキャンペーンをChange.orgで行っています。

小川たまか

選出理由:性犯罪の報道で被害者の容姿にふれることに対し整理して問題提起をしています。自身の意見に加え、寄せられたメッセージを伝えるという手法で多角的な視点を伝えました。性犯罪について継続して取材をしてきた筆者ならではの強い問題意識を感じる一本です。

※※※

8月の月間MVC

『【レスリング】号泣!吉田「ごめんなさい」決勝で敗れる…助詞53キロ級銀』の記事に対するオーサーコメント(矢内由美子)

筆者による受賞コメント:リオ五輪の取材現場で見ていた中で、各メディアの報道から漏れていると気づいた点をコメントとして寄せました。現場にいたからこそ持つことのできた視点であり、日本女子レスリング界や吉田沙保里選手が世界から高く評価されているからこそ行なわれた会見でした。まずはその事実を忘れず、そして、MVCに選んで頂いたことを感謝いたします。それにしても、五輪には「気づき」があふれていました。

矢内由美子

選出理由:吉田沙保里選手の偉大さや、世界からいかに尊敬されているかについて、「会見の開催のされ方」という判りやすい情報をもって伝えたオーサーコメントです。客観的なファクトを積み重ねることで説得力が増し、読み手に改めて選手の素晴らしさを伝えました。