「タイで社員と全裸」株式会社DYMの水谷佑毅さんがお詫びの件

改めて「全裸」で検索したら赤ちゃん画像ばかりが… 画像はイメージです(写真:アフロ)

山本一郎です。いつまでも少年のような下半身でいたいと願っています。

ところで、先日社員旅行に赴いたタイで代表取締役の水谷佑毅さん以下社員一同が全裸になり、現地で乱痴気騒ぎをしたというほのぼのニュースが飛び込んでまいりました。もちろん、日本の恥だ、お詫びですむ問題ではない的な反響も多かったらしく、騒ぎがいまなお拡大している状況ではあります。

日本人が全裸で円陣…タイで波紋広がる(日本テレビNNN 16/3/9)

弊社メンバーによるタイホアヒンでの騒動のお詫び

水谷佑毅さん(株式会社DYM代表取締役)がお詫びするpdfの画像。
水谷佑毅さん(株式会社DYM代表取締役)がお詫びするpdfの画像。

大変ですね。

で、どうも触ると水谷佑毅さんからいろいろお手紙や電話が飛んでくる仕様のようです。

DYMの悪評をソーシャル上に書くと、会社員なら社長にクレーム電話/フリーなら弁護士連絡という噂(Togetter 16/3/9)

昔、この辺のSEO事業をやっていたことがあるので気になって周辺の業者にも「水谷佑毅さんのDYMさんってどういうところなんですか?」という話を聞いたところ、すでにこの業界の本丸のところの仕事はあまりDYMとしてやっておらず、むしろ就活方面のアクティビティで水谷佑毅さんは頑張っておられるとのことでした。

確かに一時期はデジタルミレニアム著作権法の悪用がらみで水谷佑毅さんのDYMが出たことがあったようですが、最近あまり話を聞かないんですよね。

え、ニセの著作権違反を仕立てて Google 検索インデックスから削除させる「風評被害対策」とは名ばかりの悪質な行為にも絡んでる疑いがあるのか。日本でのSLAPP訴訟問題がこんなところで出てくるなんて。 / “DYMの悪評をソー…” http://htn.to/SakE65

出典:twitter - koshian

カラクリに関しては、辻正浩さんが解説しておられます。

フリー素材に権利を主張するDMCA申請が悪評隠しに悪用されたと思われる事例(web>SEO 16/2/9)

まさか今回問題となった水谷佑毅さんの株式会社DYMが手がけておられるとは思わないわけですが、まあ何事もやり過ぎないのが肝要ということで考えております。

引き続き、よろしくお願い申し上げます。