LINEで急増する 「俺通信」男子とは? ~スマホ時代の恋愛コミュニケーション~

LINEアプリのロゴ

2011年にサービス開始し、今や友人とのやりとりに欠かせない存在となったLINE。そんなLINEで「俺通信」を送る男性が急増していると言う。本記事では、「俺通信」男子が増える実情報告と、これからの恋愛コミュニケーションにおいて大切なことを考えてみました。

LINEで「俺通信」を送る男が急増中

「おはよう。いい天気だね」

「今日のランチは生パスタでした。美味しかったです(写真付き♪)」

「これからフットサルです。点獲るぞっ!(スタンプ付き♪)」

「俺通信」とは、彼氏でもなく、仲のいい男友達でもない「俺」から届く、上記のような何の変哲もない(どうでもいい)日常をつづったメッセージのことです。

何の情報もない「俺通信」に対する女性の反応は、ほぼ「ノーリアクション」が現実です。実際、「俺通信」を受け取った女性からは、「知らんがな」という心のつぶやきと共に、静かにアプリを閉じた、とのレポートが何度か上がってきています。

情報社会において、「俺通信」は新種のスパムである

スマホの登場は、コミュニケーションの常識を大きく変えました。

中でもLINEは、チャットのようにテンポよく会話できたり、ちょっとした報告を写真やスタンプで簡単に表現できるため、友達との「コミュニケーション総量」を一気に押し上げました。

ちょっと目を離した隙に、数十通の新着メッセージがたまることも多々あり、処理しきれないメッセージは返信しない「既読スルー」という新しい”常識”が生まれたほどです。

「友達にメッセージが届くもの」「友達のメッセージは返信するもの」という牧歌的な時代は過去のもの。今は例え友達であっても、面白くて、重要度の高いメッセージでないと、相手の心には届かず、そのまま既読スルーされる時代になってしまったのです。

ましてや、彼氏でもなく、仲の良い友達でもない「俺」からの、何の内容もない日常レポートは、相手にとってメリットが見当たらず、無視されるのは当然の報いと言えます。情報が氾濫する現代において、「俺通信」は新種のスパム(迷惑メール)と言っても過言ではないのです。

「俺通信」の問題は”伝え方”。ポイントは相手の立場になってみること。

一方で私もひとりの男として、「俺通信」を送ってしまう男性の気持ちを理解できる部分が、大いにあります。「俺通信」は、「気になる女性に自分のことを知ってほしい」という、男子の純粋で無邪気な思いが具現化したもの。発行元の「俺」に悪意はないのです。「俺通信」を憎んで、「俺」を憎まず、です。

そんな「俺通信」、その「思い」は間違ってないのですが、「伝え方」が間違っているのかもしれません。発行部数が50万部を超え、ベストセラーとなった「伝え方が9割」においても、著者の佐々木圭一氏は「相手のメリットを考える」ことが大切だと説いています。

気になる異性を誘いたければ、「デートしてください」ではなく、「驚くほど旨いパスタの店があるのだけど、行かない?」と言った方が「YES」を引き出す確率は上がるわけです。

情報社会において、気になる女性に、気にしてもらえる存在になるためには「戦略」が必要です。まっすぐでアツイ気持ちで、「俺通信」を送りつけたところで、心の迷惑フォルダに入れられ、瞬殺されるのがオチ。

どうやったら、相手が動いてくれるか、「YES」と言ってくれるか?情報があふれる今だからこそ、徹底的に相手の立場になって、「伝え方戦略」を一度冷静になって練ることが、恋愛コミュニケーションにおいても、ますます重要になってきています。

※追記 「俺通信」はブロガー・ゴマブッ子さんが最初に使われた言葉のようです。誤解なきよう、ここに追記いたします。

※追記2 「俺通信」以外にも「俺日記」「メルマガ」など色んな表現があるようです。