"お騒がせ者"ジョン・マカフィーとインテルが商標問題で訴訟沙汰に

(写真:Splash/アフロ)

ジョン・マカフィーと言えば、アンチウィルスソフトウェアのパイオニア、マカフィー社創業者として有名であり、米国外居住中に殺人容疑で指名手配されたり、米大統領選に立候補しようとしたり、WhatsAppの暗号メッセージを解読したと主張したり等のお騒がせ者(というレベルを超えていますが)としても知られています。

そのマカフィー氏が商標権問題でインテルを訴えたようです(参照記事)。

ご存じのとおり、マカフィー社は2010年にインテルに買収されています。マカフィー氏はマカフィー社の経営からは完全に身を引きましたが、その後も自分の会社をいくつか経営していました。そのひとつが、D-Vasiveというアンチスパイウェアの会社です。今年の5月に、MGT Capital Investmentという投資会社がこのD-Vasive社を買収すると共にマカフィー氏をCEOとして迎え、社名をJohn McAfee Global Technologiesに変更したのですが、これに対して7月にインテルが商標権侵害であるとの警告書を送ったようです。

インテルはアンチウイルス事業を売却予定とも伝えられており、売却価格を少しでも高めるために「マカフィー」の商標と紛らわしいケースを排除したいと考えたのかもしれません。しかし、John McAfeeは本名です(まったくジャンル違いですが能年玲奈→「のん」事件を思いだしてしまいます)。

これに対して、ジョン・マカフィー氏側が権利侵害がないことの確認を求めたのが今回の訴訟です。本件の訴状がScribdにアップされています(米国はこういう時に訴訟書類が入手しやすくてよいですね)。

米国連邦商標法では(日本と同様に)商標権は「当該当事者と関係を有するものの個人名の使用」には原則及ばないとされていますので、結局、当事者間の合意内容次第ということになるでしょう。訴状によると、契約において、マカフィー氏は自分の氏名に関する権利を譲渡したり、非競争を約束したりはいっさいしていないようです。

訴状を読む限りマカフィー氏に分がありそうですが、当事者間の合意内容に影響される部分が大きいので訴訟の成行は予測しにくいです(裁判になれば証拠開示手続により内部資料やメールログが出てきますので)。ただし、確認訴訟なので仮にマカフィー氏側が勝訴したところで、巨額の賠償金とか差止めといったことにはなりません。John McAfee Global Technologiesの名前が継続使用できるようになるというだけの話です。