アップルと戦う島野製作所、侵害訴訟の第二審でも敗訴で窮地に

(ペイレスイメージズ/アフロ)

「二審も米アップル勝訴=部品メーカー特許の侵害認めず―知財高裁」というニュースを読みました。

部品メーカーの島野製作所が電源プラグのピンに関する特許に基づきアップルを訴えていた裁判です。第一審については、過去記事「島野製作所対アップルの特許裁判の判決文が公開されました」で書いています。

今日判決があった知財高裁の判決文ですが、要旨のみがもう知財高裁のサイト載っています。なお、判決全文については、当事者により秘密保護のための閲覧制限の申立てがされているため、その決定後に公開されるとのことです。出せる情報だけでも迅速にウェブで公開するのは大変素晴らしいですね。

要旨だけを読んでもちょっとわかりにくいところがありますが、一審での中心的争点であった押付部材の形状の違い(球vsキノコ型)だけではなく、技術的意義そのものが違うというところまで認定されてしまったようです(島野側にとっては一審よりも厳しい判決です)。

出典:一審の裁判情報
出典:一審の裁判情報

さらには、無効審判でも本件特許に無効審決が出ています(参考過去記事)ので、正直な所、特許訴訟については島野側に打つ手はなくなったといってよいでしょう。

とは言え、島野製作所とアップルは独占禁止法でも争っており、こちらはほとんど情報が出てこないものの、まだどうなるかはわからないところがあります。