鈴木崇弘

城西国際大学大学院国際アドミニストレーション研究科客員教授
宇都宮市生まれ。東京大学法学部卒。マラヤ大学、イーストウエスト・センター奨学生として同センター及びハワイ大学大学院等留学。総合研究開発機構等を経て、東京財団の設立に参画し同財団研究事業部長、大阪大学特任教授・フロンティア研究機構副機構長、自民党系政策研究機関「シンクタンク2005・日本」設立に参画し同機関理事・事務局長などを経て現職。91年―93年まで 米アーバン・インスティテュート兼任研究員。中央大学大学院公共政策研究科客員教授。大阪駅北地区国際コンセプトコンペ優秀賞受賞。主著書・訳書に『日本に「民主主義」を起業する…自伝的シンクタンク論』『シチズン・リテラシー』等。

記事一覧

1~25/67件 年月で絞り込む

2016年

2015年

2014年

2013年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

前へ

次へ

1~25/67件