北川景子の「特撮出身」というプライド

実写版『美少女戦士セーラームーン』DVD

1月11日、ついに北川景子とDAIGOの結婚が発表された。

近年は結婚報告をFAXやSNSで済ます芸能人が多い中、二人揃って記者会見を開いた上、そのやりとりのひとつひとつが微笑ましく、好感度が急上昇している。

(参考:結婚会見・一問一答「」「」)

もともと北川景子は、お茶目で飾りっけのない言動で好感度が高かった。

宝塚歌劇団の大ファンを公言し、オフィシャルサイトの日記でもその宝塚愛をびっくりするくらいの長文で綴ったことも度々。ファンとの交流を持ちたいとの思いから、女優には珍しく2013年から毎年、ファンミューティングも開催している。

北川景子は2003年、17歳のときに「ミスSEVENTEEN」に選ばれ、モデルデビュー。同じ年の10月、実写版『美少女戦士セーラームーン』(CBC)の火野レイ(セーラーマーズ)役で女優デビューを果たした。いわゆる特撮ドラマ出身だ。俳優の中には、「特撮出身」であることを隠し、いわゆる“黒歴史”にしてしまう人もいるが、北川景子は全く違う。いまだにこの時一緒に“戦った”5戦士のメンバーとは交流を続け(今年1月1日の日記でも5人で行った誕生日会が報告している)たり、「幸い私は特撮出身なのでアクションに対する恐怖心はないし、基礎的なことも特撮時代に培ったので、その経験を生かせることがうれしい」(フジテレビ『探偵の探偵』出演時)とか、「(昔)特撮ドラマで触手に巻かれたりしていたので、そのときの経験を生かして」、「生傷やあざが絶えなくて大変ですが、戦隊出身の意地で頑張ってます」(日本テレビ『悪夢ちゃん』出演時)などと積極的かつ誇らしげに特撮出身であることを語っている。このあたりも好感度が高い理由だろう。

■17歳の北川景子

そんな北川景子が『セーラームーン』出演時、どのようにドラマに臨んでいたか、当時のインタビューを振り返ってみたい。

まずデビューしたいきさつをこのように語っている。

北川 「中学の頃からいろいろな事務所の方に声をかけて頂いたんですけど、興味がなくて、全部お断りしていたんです。だけど高校1年生の2月に運命の出会いというか『この人だったらついていける』と思える今の社長(注:当時の所属事務所はモデル事務所「ノイエ」)に出会いました」

出典:『宇宙船』2004年1月号

「いろいろな事務所の方に声をかけて頂いた」とサラリと言って、それに嫌味がないというのが、北川景子たる所以だろう。

そして『セーラームーン』のオーディションでのエピソードは、彼女自身がトーク番組でもたびたび語っているように印象的なものだ。

なにか特技を披露しなければいけなかったが、見せられるような特技がなかった北川は苦し紛れにイモに文字を彫る「イモ版」を思いつく。

北川 「1次審査で一芸披露というのがありまして。何をすればいいか全然分からなかったんですけど、前の日に、家にさつまいもがあったので、『コレだ!』と思って持って行きました。その場で彫刻刀で岡崎(剛之)プロデューサーの名前を彫ってプレゼントしました」

出典:『宇宙船』2004年1月号

北川がそこで凄かったのは、作業中、怒涛のようにノンストップでしゃべり続けていたことだ。

北川 「私は神戸出身なんですけど、このイモは鹿児島ですよねー、神戸といえば、神戸牛がありますけど牛肉は彫れませんよねー……とか何とか(笑)。本当はすごく焦ってました。持ち時間は決まっているし、完成しなくちゃ意味がないし、かといって失敗もできないし」

出典:『宇宙船』2004年1月号

もともと『セーラームーン』の中でセーラーマーズが好きだったという北川。火野レイのキャラクターも自身と重なる点が多くぴったりだった。

北川 「自分も女子校で、レイちゃんも女子校なんですね。『男に憧れるなんて時間の無駄』っていうカッコいい台詞があるんですけど、私も全然今までそういうのに興味がなくて17歳にして誰とも付き合ったことがないんです(笑)。そういうのは作らなくても自然に出てくる台詞です」

出典:『宇宙船』2004年1月号

別のインタビューでも「別に男の人が嫌いというわけではないですが、あまり興味がなくて。ぼーっとしていたら好きな人もいないまま、17歳になってしまった(笑)」(『特撮ニュータイプ』2004年3月号)と語る北川景子。当時の『セーラームーン』公式サイトに掲載された日記も女子高生のキャピキャピした感じはなく、しっかりとした丁寧な文章が綴られていた。

北川 「顔文字使うの面倒なんですよ。それに、文章で表現するときに顔文字は却って邪魔。だからたまにしか使わない。使わないと可愛くないから使えって言われたときは使いますけど(笑)」

出典:『特撮ニュータイプ』2004年3月号

当時から三浦綾子や司馬遼太郎が好きと語っており読書家の一面を伺わせている。それは現在のしっかりとした公式サイトの日記の文章にもつながっているのだろう。

演技へのこだわりも当時から強かった。

『セーラームーン』で印象的なシーンがある。第9話で主人公の月野うさぎ(沢井美優)が家出をするエピソードだ。そこで北川景子演じるレイは帰ってきたうさぎを叱らず、受け入れる。原作やアニメとも違う実写版火野レイのキャラクターがあらわれたシーンだった。

北川 「実はこのシーン、監督さんには『もっと怒るように』って指示されたんです。でも私は、レイならそんなに怒ってうさぎを追い返したりしないだろうと思ったので、自分なりに考えた結果、ああいう演技をしました。監督さんも『レイのことを一番わかっているのは北川だと思うから、北川の考えた通りやってみよう』と言ってくださいましたし」

出典:『特撮ニュータイプ』2004年3月号

『セーラームーン』は、たとえば「スーパー戦隊シリーズ」や「仮面ライダーシリーズ」などと違って、“変身”しても素顔のままだ。だから、必然的にアクションを一部を除いて自ら演じなければならない。生傷も絶えなかった。

北川 「妖魔さんがちゃんとリアクションしてくれるので、そんなに強くぶつからなくていいんですけど、ちょっとした手違いで思いっきり体当りしてしてしまって。一瞬『手がなくなった』ような気がして。手を見たらちゃんとあるし、おかしいなと思ったら、骨がはずれて、ぷらんって肉がつながっている状態だったんですよね」

---じゃあ、撮影を止めて病院に……?

北川 「それが本番じゃなくてテストだったんですよ。『そんな本気でぶつからなくていいからねー』って監督さんに言われながら私も『……は、はいぃ』って返事するんですけど、痛くて痛くて。でも本番まで間があったので、自分で骨を元の位置に戻して撮影しました」

出典:『宇宙船』2004年1月号

何と誰にも助けを求めずに自分で肩をはめて本番に挑んだのだ。この話は取材に同席したプロデューサーも知らなかったという。「だって自分のせいでスケジュールが押したら皆さんに迷惑かけちゃうじゃないですか」と当たり前のように言うのだ。

こうした過酷な撮影を若干17歳のときに乗り切ったからこそ、北川景子はいまも「特撮出身」というプライドを持ち続けているのだろう。