清水康之

ライフリンク代表
NPO法人「自殺対策支援センター」ライフリンク代表、自殺対策全国民間ネットワーク代表。元NHK報道ディレクター。自死遺児の取材をきっかけに、自殺対策の重要性を認識。2004年にNHKを退職し、ライフリンクを設立。10万人署名運動等を通して、2006年の自殺対策基本法成立に大きく貢献。2009~11年、内閣府参与として国の自殺対策に関与。1972年生。著書に『自殺社会から「生き心地のよい社会」へ』。